【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

一番だしと二番だしを混ぜる。違いを把握した上での家庭的な選択。

だし汁には、一番だしと二番だしがあります。
一番だしには「香りが強く上品」という特徴があり、二番だしには「香りが弱く荒々しい」という特徴があります。(関連記事:出汁の取り方

前者はお吸い物や茶碗蒸し、後者は味噌汁などに用いられます。

一番だしと二番だしは、混ぜて使うこともできます。
もちろん本格的な料理では行われない「家庭的なテクニック」ではあるのですが、冷蔵庫のスペースなどを考慮すると合わせて使うのも悪くはありません。

以下、詳細の説明です。

一般家庭における特有の戦略

通常、一番だしと二番だしは使い分けられます。
しかし、一般家庭においては「一番だしだけが残ってしまう」「二番だしだけが残ってしまう」ということも珍しくはありません。

冷蔵庫のスペースの問題もあります。

そこで、合わせてしまうと何かと便利です。
もちろん「料亭のように洗練された料理を食べたい」という場合には向きませんが、日常的に食べる「家庭の味」の範疇であれば問題にはなりません。

家庭料理は、完璧を求めない方が幸せになれます。

一番だしと二番だしの特徴の違い

一番だしと二番だしには明確な違いがあります。
一番だしは「香りが強く雑味が少ない」という特徴を持ち、二番だしは「香りが弱く雑味が多い」という特徴を持ちます。

  • 一番だし:香りが強く雑味が少ない
  • 二番だし:香りが弱く雑味が多い

どちらが優れているという問題ではありません。
お吸い物や茶碗蒸しには一番だしが好まれますが、味噌汁に一番だしを使用してしまうと「だしの香りが強すぎて味噌の風味を邪魔してしまう」ことになります。

一番だしと二番だしを合わせても問題ありません。
しかし、汎用性や保管性(冷蔵庫内でのスペース)が良くなる一方、「完璧な味にはなりにくい」というデメリットが生じることは避けられません。

臨機応変に対応する必要があります。

まとめ

一番だしと二番だしには異なる特徴があります。
前者は「香りが強く雑味が少ない」という特徴を持ち、後者は「香りが弱く雑味が多い」という特徴を持ちます。

一番だしと二番だしを混ぜる場合もあります。
「吸物としては雑味が気になる」「味噌汁としてはだしの香りが強すぎる」などの問題は生じますが、家庭料理の範疇であれば許容できるレベルであるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。