【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

ガラムマサラとカレー粉の違い。似て非なる混合スパイス。

ガラムマサラとカレー粉は、似て非なるスパイスです。

両者は、どちらも混合スパイスです。
使用されるスパイスには共通点が多く、「カレー粉から着色性スパイスを抜いたものがガラムマサラ」と表現されることもあります。

間違いではありません。
しかし、ガラムマサラは特定の混合物(混合スパイス)を指す言葉ではありませんので、製品によってはカレー粉とはかけ離れたものも存在します。

以下、詳細の説明をしていきます。

ガラムマサラとカレー粉の違い

ガラムマサラとカレー粉は、どちらも混合スパイスです。

ガラムマサラは、ヒンズー語で「辛い混合物」です。
「ガラム(Garam)=辛い」「マサラ(Masala)=混合スパイス」と訳されますので、「ガラムマサラ=辛い混合スパイス」なのです。

ガラムマサラのブレンドには、決まりがありません。
元々は「調理の手間を省くために生まれた貯蔵スパイス」ですので、各家庭や調理に応じて多種多様なガラムマサラが存在します。

一方、カレーはスパイスを表す言葉ではありません。
南インドのタミル人の言語(タミル語)である「Kari=汁(またはソース)」から転カした言葉となりますので、意味合いが異なることになります。

  • ガラムマサラ:芳香性スパイス、辛味性スパイス
  • カレーパウダー:芳香性スパイス、辛味性スパイス、着色性スパイス

そもそも、カレー粉は「インドの文化ではない」といわれています。
カレー粉(カレーパウダー)は、インドのガラムマサラを参考にして「イギリス人が考案した混合スパイス」であるためです。

基本的に、インドでは個々のスパイスを加えながら調理します。

ガラムマサラとカレー粉の使い分け

ガラムマサラは、応用性の高いスパイスです。
使用するスパイスには特に決まりがありませんので「肉や魚に適したガラムマサラ」「野菜に適したガラムマサラ」「お菓子に適したガラムマサラ」などがあります。

ガラムマサラの味は、メーカーが違えば大きく異なることになります。

カレーの場合、タイミングによって使い分けられます。
カレーパウダーは調理の途中で加えられることが多く、ガラムマサラは料理の仕上げに加えられることの多いスパイスです。

これには、仕上げに加えて「香りをたたせる」ような意味合いがあるためです。

欧米カレーとインドカレーの違い

日本のカレーは、イギリスがルーツになってます。

欧米カレーとインドカレーは異なる特徴を持ちます。
よく言われているのは、欧米カレーは「まとまりのある穏やかなカレー」であり、インドカレーは「パンチのある荒々しいカレー」ということです。

  • 欧米カレー:まとまりのある穏やかなカレー
  • インドカレー:パンチのある荒々しいカレー

この違いは、スパイスの使用方法による違いです。
スパイスには「ブレンドされる数が多いほどに穏やかになる」「エイジング(熟成)処理によって角が取れる」などの特徴があることによる違いだとされています。

つまりカレーの仕上げにガラムマサラを加えることによって、欧米カレーは「芳香性スパイスのアクセントが加わる」ことになり、インドカレーは「より荒々しくパンチのあるカレーになる」ということになります。

もちろんガラムマサラの調合には決まりがありませんので、「甘い香りが加わる」「さわやかな香りが加わる」などの場合もあります。

まとめ

ガラムマサラとカレー粉は、似て非なるものです。
基本的には、ガラムマサラは「調理の仕上げに加えられる」、カレー粉には「調理の途中で加えられる」という違いがあります。

一般的には、「仕上げにパンチ(荒々しさ)を加えるための混合スパイス」のようなイメージで用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。