【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

雪平鍋の素材(材質)による違い。アルミとステンレスの特徴。

一般的な雪平鍋の素材(材質)は2種類です。
基本的に「雪平鍋=アルミ」というのが一般的ではありますが、アルミの害や耐食性の問題を危惧してステンレス製を選ぶ方も少なく理ません。

調理器具は、材質によって異なる特徴を持つことになります。
たとえば、アルミには「熱伝導率は良いが耐食性に劣る」という特徴があり、ステンレスには「熱伝導率は悪いが耐食性に優れている」という特徴があります。

一概に「どちらが優れている」とは言えないのです。

耐食性による違い

耐食性ではステンレスに軍配が上がります。

アルミは腐食します。
アルミの雪平鍋は黒ずみ(黒色化)が起こりますが、黒色化の根本的な原因はアルミの腐食によるものです。

黒色化を放置した場合、最悪、穴が開いてしまいます。(関連記事:アルミ鍋の変色

しかし、黒色化を恐れる必要はありません。
黒色化は人体に対して無害ですし、黒色化してしまったとしても「酸性の液体を沸騰させる」「クレンザーで洗う」などの方法で簡単に落とすことができます。

雪平鍋をダメにしてしまうのは、ひどい黒色化を放置した場合のみです。

使いやすさによる違い

アルミとステンレスは、特徴の異なる素材です。
アルミは「熱伝導率が高く、密度が低い」という特徴を持ち、ステンレスは「熱伝導率が低く、密度が高い」という特徴を持ちます。

  • 熱伝導率【w/m・k】
    • アルミ:204.00
    • ステンレス:16.00
  • 密度【kg/m3
    • アルミ:2700
    • ステンレス:7820

熱伝導率は、熱ムラに影響します。
アルミは熱伝導率が高く「熱ムラができにくい」ということになり、ステンレスは熱伝導率が低く「熱ムラができやすい」ということになります。

「ステンレス鍋はくっつきやすい」と感じられることが多いのは、熱伝導率の悪さが影響してのことなのです。

どちらが良いのか?

アルミかステンレスかは、好みの問題です。
たとえば、「アルミは使いやすい素材ですが、変色や小傷が目立ちます」し、「ステンレスは(多少の)コツのいる素材ですが、変色しにくく清潔なイメージ」となります。

  • アルミ:使いやすいが変色や小傷が付きやすい
  • ステンレス:多少のコツがいるが清潔なイメージとなる

料理人の方でも意見が分かれます。
磨いたりする手間がストレスにならないのであればアルミがおすすめですし、炒める際にしっかりと加熱できるのであればステンレスも悪くありません。

「どちらが優れているか?」というよりは、「どちらが合っているか?」という選択になるかと思われます。

まとめ

雪平鍋には、大きく2種類の素材があります。
一般的には「雪平鍋=アルミ」ではありますが、アルミの変色を警戒してステンレスを選ぶ方も少なくありません。

どちらを選ぶかは、好みの問題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。