【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

雪平鍋の黒ずみ。アルミが変色してしまう理由と除去方法。

雪平鍋は、黒ずみが生じることがあります。

これは、多くの雪平鍋が「アルミ製」であるためです。
アルミは「耐食性に優れている素材」ではありますが、腐食を防いでいる酸化被膜が破られてしまうと「意外と脆い素材」でもあります。

黒ずむということは、酸化被膜が破られている可能性があります。

人体に害はありません。
しかし、見栄えは良くありませんし、あまりにも放置しすぎてしまうと「雪平鍋を傷めてしまう」ことにもなりかねません。

アルミの雪平鍋が黒ずむ仕組みとは?

アルミは、腐食によって黒ずみます。

アルミの黒ずみには、仕組みがあります。
簡単に説明するのであれば、「アルミ+水分=水酸化アルミ」→「水酸化アルミ+微量物質=黒色化」という仕組み(化学反応)によって黒ずみが生じています。

黒色化は、人体への害にはなりません。
しかし、繰り返し黒色化が起こしてしまったり、あまりにもひどい黒色化を放置してしまうと「雪平鍋の寿命を縮めてしまう」ことになります。

最悪、穴が開いてしまうこともあるほどです。

雪平鍋の黒ずみを予防するには?

雪平鍋の黒ずみは、防ぐことができます。
雪平鍋は「定期的に米のとぎ汁を煮たたせると良い」と言われているのは、米のとぎ汁を煮たたせることによって(アルマイトに似た)酸化被膜が形成されるためです。

米のとぎ汁は、10~15分ほど沸騰させます。

米のとぎ汁による酸化皮膜は、簡易的なものです。
普段通りの使用方法でも徐々に失われていくことになりますので、定期的に米のとぎ汁を煮立たせることで黒色化を予防することにつながります。

定期的に、大根の煮物などをつくると良いかと思います。

大根を米のとぎ汁で茹でる理由。米糠で煮ることとの違いは?

雪平鍋の黒ずみを除去するためには?

雪平鍋の黒ずみは、取り除けます。
方法としては「酸を使って科学的に除去する方法」と「たわしやクレンザーを使って物理的に除去する方法」があり、まずは前者を試してみることをおすすめします。

  • 酸性の液体を沸かす
  • たわしやクレンザーでこすり落とす

多少の黒ずみであれば、前者の方法で落とせます。
しかし、ひどい黒色化の場合には「たわしやクレンザーでなければ落とせません」ので、削り落とすようにして除去していきます。

除去後は、米のとぎ汁を煮たたせます。
米のとぎ汁を煮たたせることによって「酸化被膜が形成される」ことになりますので、黒ずみが起こりにくくなります。

まとめ

雪平鍋は黒ずむことがあります。
これはアルミが水分と反応して水酸化アルミとなり、水酸化アルミが微量物質と反応することで「黒い色となって固着」してしまうためです。

アルミの黒色化は、人体には無害です。
しかし、黒色化を放っておくと「腐食が進行して雪平鍋をダメにしてしまう」ことになりますので早めの対処が必要です。

この点が煩わしければ、アルマイト加工のものをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。