雪平鍋の黒ずみ。アルミが変色してしまう理由と除去方法。

アルミの雪平鍋は、黒ずむことがあります。

人体に害はありません。
しかし、見栄えがよくありませんし、あまりにも放置しすぎてしまうと「雪平鍋を痛めてしまう」ことにもなりかねません。

最悪の場合、鍋に穴が開きます。

ちょっとした一手間で黒ずみにくくなります。
購入直後の雪平鍋には「米のとぎ汁を煮立たせると良い」と言われるのは、米のとぎ汁によって酸化皮膜がつくられるためです。

以下、詳細を説明します。

スポンサーリンク

雪平鍋が黒ずむメカニズム

雪平鍋が黒ずむのは、アルミの腐食が原因です。

アルミは化学反応によって腐食します。
「アルミ+水分=水酸化アルミ」→「水酸化アルミ+微量物質=黒色化」のような過程を経ることで変色してしまいます。

黒色化は、人体への害にはなりません。
しかし、繰り返し黒色化が起こったり、あまりにもひどい黒色化を放置してしまうと「雪平鍋の寿命を縮めてしまう」ことになります。

最悪、穴が開いてしまうこともあるほどです。

アルミ鍋を黒ずませないようにするには?

新しい雪平鍋では、米のとぎ汁を煮立たせます。
米のとぎ汁を煮立たせることで、アルミ表面に(アルマイトに似た)酸化皮膜が形成されますので黒色化が起こりにくくなります。

米のとぎ汁は、10~15分ほど沸騰させます。

米のとぎ汁による酸化皮膜は、簡易的なものです。
普段通りの使用方法でも徐々に失われていくことになりますので、定期的に米のとぎ汁を煮立たせることで黒色化を予防することにつながります。

アルミ鍋の黒ずみを除去する方法

黒色化の除去には、2通りの方法があります。
ひとつめが「酸性の液体を沸かすこと」であり、ふたつめが「たわしやクレンザーで物理的に除去すること」です。

  • 酸性の液体を沸かす
  • クレンザーでこすり落とす

多少の黒ずみであれば、前者の方法で落とせます。
しかし、ひどい黒色化の場合には「クレンザーやたわしでなければ落とせません」ので、削り落とす必要があります。

黒色化の除去後には、米のとぎ汁にて酸化皮膜を形成させておきます。

まとめ

雪平鍋は黒ずむことがあります。
これはアルミが水分と反応して水酸化アルミとなり、水酸化アルミが微量物質と反応することで「黒い色となって固着」してしまうためです。

アルミの黒色化は、人体には無害です。
しかし、黒色化を放っておくと「腐食が進行して雪平鍋をダメにしてしまう」ことになりますので早めの対処が必要です。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。