鉄のフライパン。鉄板の厚さによる使いやすさと適した料理。

鉄のフライパンには、厚さの選択肢があります。
たとえば薄いものだと1.6mm前後、厚いものだと2.3mm前後、中間的な2.0mm前後など、フライパンの購入時には頭を悩ませる問題であるはずです。

「厚いほど良い」とはいきません。
厚い鉄板のフライパンに多くのメリットがあることは事実ですが、重すぎる故に「振れない」「洗いにくい」などの問題が生じやすくなることも事実です。

また、フライパンの持つ熱容量は「重さに比例します」ので、素早くもう一品つくりたい時などには適さないフライパンでもあります。

スポンサーリンク

ムラなく温めるのにかかる時間

鉄のフライパンは、熱容量の大きなフライパンです。
熱容量は「比熱×重量」で求められますので、密度の高い鉄でつくられたフライパンは、他材質のフライパンよりも熱容量が大きくなる傾向にあります。

熱容量が大きいと、温めるのに時間がかかります。

鉄のフライパンは、温めなければ使えません。
加熱が不十分であると摩擦係数が高くなるために「くっつきやすい(焦げ付きやすい)」という問題が生じやすくなるためです。

  • 薄いフライパン:炒め物など
  • 厚いフライパン:焼き物など

鉄のフライパンは、使い分けることがポイントです。
たとえば、炒め物などのようにフライパンをふる必要のある料理には薄いフライパンを、ステーキやハンバーグなどの焼き物などには厚いフライパンを使うのがおすすめです。

鉄のフライパンの熱伝導率

鉄の熱伝導率は、良くありません。
一般的に「鉄は熱伝導率の良い材質」だと考えられていますが、実際には「ステンレスよりは良いが、全体で見ればさほど良くない」という特徴を持ちます。

以下は、主な材質の熱伝導率です。

  • 熱伝導率【w/m・k】
    • 銅:386.00
    • 鉄:67.00
    • アルミ:204.00
    • ステンレス:16.00

※数値は参考値です。

熱伝導率の良し悪しは、熱ムラに直結します。
熱伝導率の悪さは、「ガスコンロの火に接している部分は温まっても、中央部分や外周部分が温まりにくい」ということにつながります。

中央部分の焦げ付きに悩まされていませんか?
多くの場合、鉄フライパンの中央部分が焦げ付くのは「熱ムラによる加熱不足」が原因になっています。(関連記事:鉄のフライパンで油返しをする理由

重すぎると「振りにくい」「洗いにくい」

鉄は、密度の高い材質です。
密度とは「体積あたりの重さ」のことですので、同じ形状のフライパンであればアルミや複合材と比べて重くなってしまうことになります。

以下は、主な材質の密度です。

  • 密度【kg/m3
    • 銅:8960
    • 鉄:7870
    • アルミ:2700
    • ステンレス:7820

※数値は参考値です。

鉄のフライパンは、重いフライパンなのです。
ただでさえ重くなりがちな鉄のフライパンですので、板厚が厚くなればなるほど「重すぎて扱いにくい」という問題が生じやすくなります。

以下は、1.6mmと2.3mmでの比較です。

  • 板厚1.6mm:940g
  • 板厚2.3mm:1330g

※「遠藤商事 業務用 鉄フライパン 26cm」での比較です。

この点からも、鉄のフライパンは使い分けるべきです。
フライパンをふる必要のなる料理には「板厚の薄いもの」を、ハンバーグなどのようなフライパンをふる必要のない料理には「板厚の厚いもの」を選ぶことです。

実際、振ることの多い中華鍋には1.2mm前後が使われていますよね?

まとめ

鉄のフライパンは、板厚に注目する必要があります。
「厚いほど良い」というものではありませんので、「何を調理することが多いのか?」「体力的に問題はないのか?」などを考慮する必要があります。

場合によっては、中華鍋の方が良かったりもします。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。