【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

食前酒の意味(効果)。甘くない炭酸がもたらす食事への影響力。

食前酒には明確な意味(効果)があります。

食前酒とは食事の前に飲むお酒です。
食前酒は「食欲を増進させる」「食事中の会話を弾ませる」などの目的から(諸説ありますが)19世紀のフランスで始まったとされる習慣です。

  • 食欲を増進させる
  • 食事中の会話を弾ませる

食前酒には、料理を美味しくさせる効果があります。
19世紀のフランスから始まったとされる習慣ではありますが、日本料理や中華料理においても同様の目的からお酒を飲むことがあります。

以下、詳細の説明です。

食前酒に欠かせない条件

食前酒の条件は、大きく3点です。

  • 炭酸、酸味、苦味による胃への刺激
  • 弱いアルコールによるリラックス効果
  • 料理を邪魔しない軽い飲み口

食前酒の定番は、スパークリングワインです。
スパークリングワインには、「炭酸、酸味、苦味によって胃酸の分泌を促す」「弱いアルコールによってリラックスできる」などの効果が望めるためです。

料理を邪魔しない「軽くてさっぱりした飲み口」であることがポイントです。

身近なところでは、ビールも立派な食前酒となります。
食前にビールを飲むと「食欲がわいてついつい食べ過ぎてしまう」ことがあるのも、ビールが食前酒としての効果を発揮しているためなのです。

甘いお酒ではいけない理由

食前酒に、甘いお酒はNGです。

甘味(糖質)は血糖値を上昇させてしまいます。
血糖値が上昇すると(血糖値の上昇と反比例するように)食欲の低下が起こりますので、食前酒としては適していません。

甘いお酒は、食後酒とすることをおすすめします。

アルコール度数への注意点

食前酒には、弱いアルコールが好まれます。

アルコールは脳をリラックスさせます。
しかし、アルコール分が強すぎると「酔ってしまう」「料理の味が分からなくなってしまう」などのリスクが生じやすくなります。

日本人は体質的にアルコールに強くありません。
欧米では一般的な食前酒であっても、日本人の体質には合わない可能性がありますのでアルコール度数には注意を払う必要があります。

甘いお酒と同様、アルコール度数の高いお酒も食後酒とすることをおすすめします。

まとめ

食前酒には明確な意味があります。
食前酒に求められる条件としては、「炭酸、酸味、苦味の含まれる軽くてさっぱりとしたアルコール度数の低いお酒」です。

甘味や強いアルコールには注意を払う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。