包丁の変色理由と除去方法。鋼(全鋼)の包丁は変色しやすい?

包丁は変色します。
特に鋼の包丁では顕著な変色が起こりやすく、ステンレスの包丁であっても(鋼ほどではないにせよ)変色していきます。

変色は、食材との化学反応です。

食材にはアクが含まれています。
アクの種類は多岐にわたり、植物性食材に植物性食材特有のアクがありますし、動物性食材には動物性食材特有のアクがあります。

調理をする以上、包丁の変色は仕方のないことです。

以下、詳細の説明をします。

スポンサーリンク

包丁の変色原因

包丁の変色は、化学反応です。

包丁(金属)とアクが反応して変色します。
アクの原因物質は多岐にわたり、植物性食材であればポリフェノールやアルカロイドなど、動物性食材であれば脂質やタンパク質などがあります。

  • 植物性食材:有機酸、有機酸塩、無機質、ポリフェノール、アルカロイド
  • 動物性食材:脂質、タンパク質

調理を続ける以上、変色は避けられません。
また、変色しても人体に害はありませんので(家庭内での使用であれば)変色したままの包丁を使い続けるという選択肢もあります。

とはいっても、変色は除去するのが一般的です。

変色の除去方法

包丁の変色は、クレンザーで落とします。

スポンジとクレンザーでこすります。
包丁の固定には「まな板に包丁の腹を寝かせる」のが一般的であり、まな板の段差を利用して柄(ハンドル)部分による段差をなくすようなイメージです。

クレンザーで落ちない場合は耐水ペーパーを使用します。

基本的にはクレンザーのみで落とせます。
クレンザーで落とせないほどの変色がみられる場合には「錆による浸食」のリスクが生じますので、早めの対処をおすすめします。

鋼の包丁を使用するのであれば、クレンザーは必須アイテムです。

まとめ

包丁は化学反応によって変色します。
基本的には鋼の包丁に生じる問題ではありますが、使い方によってはステンレスの包丁でも起こりえる問題です。

変色は、クレンザーでこすることで簡単に落とせます。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。