【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

コンビニ弁当に飽きた? その理由と飽きないための対処方法。

コンビニ弁当は、飽きやすい食事です。
これは外食や出来合いのお総菜にも言えることであり、たまにであれば美味しい食事であっても、毎日続くと体が拒絶するようになっていきます。

コンビニ弁当が飽きやすいのには理由があります。
飽きやすいのには「一般受けする分かりやすい味付け(強めの味付け)」と「栄養バランスの悪さ(PFCバランスや微量栄養素の少なさ)」が影響していると考えられています。

以下、詳細を説明していきます。

食後の心地よさの影響力

食後の心地よさは、嗜好への影響力があります。

個人の嗜好は複雑です。
たとえば、以前に食べて「体の調子が良くなった」と感じれば次第に好んで食べるようになりますし、反対に「調子が悪くなった」と感じれば避けるようになります。

コンビニ弁当は、お世辞にも体に優しい食事ではありません。
コンビニ弁当や出来合いのお総菜の多くは、毎日食べてもおいしい味ではなく「いつ誰が食べても分かりやすく美味しい味」を目指しているためです。

そのため、食後の心地よさは得られません。

胸やけをすることもあるはずです。
軽度の胸やけであれば「満足感の一部」として判断されることもありますが、胸焼けする食事が続けば「食べたくない」と感じるようになるのが自然です。

人間は、本能的に不快感を避けるようになります。

栄養バランスと食欲

栄養バランスの悪さも、嗜好への影響力があります。

人間は本能的に栄養の多様性を求めます。
栄養バランスの悪い食事が続くと、食後に「体がだるくなる」「軽い疲労感を感じるようになる」などの不都合が生じますので、食が進まなくなっていきます。

これは、代謝への負担が大きいためです。

代謝には各種栄養素が欠かせません。
栄養バランスの悪い食事は代謝にストレスがかかりますので、本能的に不快感を覚え、結果として「違うものを食べたい」という欲求が高まります。

栄養の偏りの大きな食事は、飽きやすいのです。

飽きないためには?

残念ながら、飽きずに食べ続けることは困難です。
サラダなどの副菜をプラスすることで多少の改善は期待できるかもしれませんが、コンビニ弁当に心地よさを求めるのには無理があります。

可能な限り、コンビニ弁当を避けることです。

また、朝食と夕食を充実させることも重要です。
食事管理(栄養管理)は一食単位ではなく数食、数日単位でバランスをとっていくものですので、昼食でコンビニ弁当に頼らざるを得ないのであれば、その他の食事でバランスをとるしかありません。

それによって、飽きにくくなる可能性があります。

まとめ

コンビニ弁当は、飽きやすい食事です。

可能であれば頻度を減らすこと。
コンビニ弁当に頼らざるを得ないのであれば、その他の食事でバランスをとっていくことで多少なりは飽きにくくなる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。