【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

缶コーヒーの温め方。自販機の温度と同じ55℃前後にする方法。

自販機の缶コーヒー(ホット)は、55℃前後です。

缶コーヒーの温め方には、コツがいります。
熱すぎては持てませんし、ぬるいコーヒーは美味しくありませんので、自動販売機と同程度の約55℃前後を目指す必要があります。

しかし、温度を測りながらの加熱は手間です。

そこで、簡単に55℃前後に温める方法をご紹介します。

準備するもの

準備するものは、「500ml計量カップ」と「電気ケトル」です。

どの家庭にでもあるはずです。
上記2点があれば、「一般的な缶コーヒー(約185g前後)1本」を手間なく55℃前後に温めることができます。

電気ケトルがなければ、ヤカンでも鍋でもかまいません。

缶コーヒーの温め方

缶コーヒーの温め方は、簡単です。
500ml計量カップに缶コーヒーを入れ、沸騰したお湯を満水まで入れて約5分ほど放置しておくだけです。

①計量カップに缶コーヒーを入れる。

②沸騰したお湯を満水まで入れる。

③5分間ほど放置する。

以下、各温度の実測値を報告します。

  • 温める前の缶コーヒー:13.3℃
  • 注いだ直後の湯温:82.5℃
  • 5分後の湯温:56.9℃
  • 5分後の缶コーヒー:60.4℃

※湯温と缶コーヒーの温度差は、計測位置による問題です。

温める前の缶コーヒー温度は、室温としました。

多少の誤差はご了承ください。
様々な温め方を試してみましたが、上記の方法が「(いちばん簡単に)温度計を使わずに適温の範疇に温められる」という結論に至りました。

60℃は、温度設定が高めの自販機と同等です。

よりよい方法を見つけた際には、追記します。

実際には、3分ほどで温まります。
しかし、3分では適温(55℃前後)を大幅に超えてしまいますので、5分というのは適温付近まで温度が下がる時間を考慮しています。

まとめ

缶コーヒーのホットは、55℃前後です。
自宅で温める場合には「湯煎」が適しており、「55℃前後になる条件」を探し出すことがポイントになります。

一度、条件を見つけてしまえば温度計は必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。