煎茶のおいしい入れ方。抽出方法で変わる緑茶の特徴。

煎茶は、抽出方法で味わいが変わります。

煎茶は、日常的に親しまれているお茶です。
しかし、余りにも日常的であることから「誰が入れても同じ」「温度なんか意識したこともない」などのように考えられることも少なくありません。

おいしいお茶には、正しい入れ方があります。

以下、詳細の説明です。

スポンサーリンク

おいしい煎茶の入れ方

煎茶は、入れ方によって味わいが変わります。
温度を低く抽出時間を長くすれば「玉露のような味わい」になりますし、温度を高く抽出時間を短くすれば「番茶のような味わい」になります。

基本とされているのが、以下の条件です。

  • 茶葉:2~3g(小さじ1~1.5)
  • お湯:70ml(80℃)
  • 蒸し時間:1分

上記は、あくまでも平均的な入れ方です。
うま味や甘味のあるお茶(リラックスしたいときのお茶)の場合と、渋味や苦味を利かせたお茶(リフレッシュしたいときのお茶)の場合では、異なる入れ方をします。(関連記事:緑茶の味に関わる成分

リラックスしたいときのお茶

リラックスしたいときのお茶は、低温で抽出します。

低温では、うま味のあるお茶になります。
これは低温では渋味や苦味が十分に抽出されないために「うま味(テアニン)」が引き立つようなお茶になるためです。

  • 茶葉:2~3g(小さじ1~1.5)
  • お湯:70ml(70℃)
  • 蒸し時間:2分(深蒸しの場合は1分)

また、新茶や高級煎茶は60℃で抽出します。
茶葉のグレードが高いほどに「うま味や甘味が強い」という特徴を持ちますので、グレードの高い茶葉を使用する場合には抽出温度を下げます。

2煎目の蒸らし時間は、1分ほどです。

通常、美味しく飲めるのは2煎目までです。
しかし、お湯の温度を変える(高くしていく)ことにより、特徴の異なる煎茶を楽しむこともできます。(関連記事:煎茶の回数

リフレッシュしたいときのお茶

リフレッシュしたいときのお茶は、高温で抽出します。

高温では、渋味や苦味の強いお茶になります。
これは渋味や苦味の成分(カテキンやカフェイン)には「高温になるほど抽出量が増える」という特徴があるためです。

  • 茶葉:2~3g(小さじ1~1.5)
  • お湯:70ml(90℃)
  • 蒸し時間:1分

これによって、番茶のような爽やかなお茶になります。

夕食後のお茶としてはおすすめしません。
(抽出温度を上げるほどに)カフェインの抽出量が多くなりますので、浅い睡眠になってしまうリスクがあるためです。

睡眠の質が気になる場合には注意してください。

まとめ

煎茶には、正しい入れ方があります。
煎茶は日常的であるが故に軽視されがちなお茶ですが、入れ方を変えると「玉露のようにも番茶のようにもなる」といった懐の深いお茶です。

時と場合に応じた「好みの抽出条件」を見つけてみてください。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。