雪平鍋のメリット。様々な用途に使えて汎用性の高い片手鍋。

雪平鍋のメリット

雪平鍋は、おすすめできる片手鍋です。
これから自炊をはじめるのであれば「是非とも購入しておきたい鍋」であるといっても過言ではなく、雪平鍋には多くのメリットがあります。

基本的に、「雪平鍋=アルミの片手鍋」として説明していきます。(関連記事:雪平鍋の素材による違い

調理器具は、材質によって異なる特徴を持つことになります。
アルミの雪平鍋の場合、「熱ムラができにくい」「冷めやすい」「軽い」というのが主な特徴であり、その特徴を生かせるような調理に用いられます。

以下、詳細の説明です。

スポンサーリンク

熱ムラのできにくい鍋

アルミは、熱ムラのできにくい素材です。
これは、アルミの持つ「熱伝導率の良さ」が影響しており、部分的ではなく全体が温まりますので、(短時間で)もう一品つくりたい時などに重宝されます。

  • 主な素材の熱伝導率λ
    • アルミ:204.00【W/(m・K)】
    • 鉄:67.00【W/(m・K)】
    • ステンレス:16.00【W/(m・K)】

この特徴は、「熱応答時間が早い」と表現されます。

熱伝導率が悪いと、熱ムラができます。
熱源に近い部分だけが高温になりますので、「部分的に焦げ付く」「食材がくっつきやすくなる」などの問題が生じやすくなるのです。

冷めやすい鍋

雪平鍋は、冷めるのが早い鍋です。

雪平鍋の多くはアルミ素材で作られています。
アルミには比重が軽いという特徴がありますので、比熱が高くとも熱容量「比熱×質量(重さ)」は小さくなり、結果として「冷めやすい」という特徴を持つことになります。

  • 主な素材の密度ρ
    • アルミ:2700【kg/m3
    • 鉄:7870【kg/m3
    • ステンレス:7820【kg/m3

冷めやすいことには、メリットがあります。
保温調理には適さない鍋ではありますが、早く冷めるということは保存性を高めることに直結しますので、重宝するはずです。

常備菜は、(少なからず)食中毒のリスクを伴います。
食材の保存性を高めるためには、雑菌の繁殖しやすい「中途半端に温かいゾーン」を素早く通過させて冷やす必要があります。

「冷めやすい」というのは、大きなメリットになるのです。

汎用性の高い鍋

アルミの雪平鍋は、汎用性の高い鍋です。
簡単な炒め物から煮物まで、大半の調理をこなすことができますので、そろえておいて損はありません。

多少の注意は必要ですが、揚げ物にも利用できます。(関連記事:雪平鍋での揚げ物

しかし、万能というわけではありません。
極端な酸性や塩基性(アルカリ性)には弱いという性質を持ち、「黒ずみ」や「劣化」の原因にもなり得ます。

……とはいっても、通常の調理には問題ありません。

また、(比較的)安価な鍋です。

調理器具の多くは「大は小を兼ねる」ようなことにはいきません。
自炊をはじめたばかりの頃には想像以上の初期投資が必要となりますので、そろえやすい雪平鍋はありがたい存在となります。

これから調理道具の充実を考えているのであれば、16cm、18cm、20cmの3サイズがあるだけでも調理がはかどるのは確実です。

まとめ

雪平鍋には、多くのメリットがあります。

蓄熱性が低いため、保温調理には向きません。
しかし、「熱ムラができにくく冷めやすい」という特徴は、使い方さえ間違えなければ大きなメリットになります。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。