【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

雪平鍋のメリット。様々な用途に使えて汎用性の高い片手鍋。

雪平鍋は、おすすめできる片手鍋です。
これから「自炊を始める」「お弁当を始める」などの場合には是非ともおすすめしたい鍋であり、雪平鍋には多くのメリットがあります。

この記事におきましては「雪平鍋=アルミ鍋」として話を進めていきます。

雪平鍋の材質には多くの種類があります。
たとえば、一般的にはアルミ製、次にステンレス製が多く流通していますし、変わったところでは銅製の雪平鍋などもあります。

以下の文章は、アルミ製の雪平鍋の説明です。

アルミは熱伝導率の高い材質

アルミ鍋は、熱伝導率の高さが魅力です。
熱伝導率とは「熱の伝わりやすさ」のことであり、熱伝導率が高いと「部分的ではなく全体が温まる(熱ムラができにくい)」というメリットがあります。

ステンレスの鍋が焦げ付きやすいのは、熱伝導率が低いためです。

  • 主な素材の熱伝導率(W/m・K)
    • アルミ:204.00
    • 鉄:67.00
    • ステンレス:16.00

この特徴は、「熱応答時間が早い」と表現されます。

熱応答時間の早さは、大きなメリットです。
たとえば、きんぴらごぼうのように「短時間で加熱して歯ごたえを残したい料理」には重宝されますし、すぐにお湯が沸きますので「もう一品つくりたい場合」などにも重宝します。

多品目をつくる必要のある「お弁当」などには特に役立つはずです。

基本のきんぴら。味付けの割合と作り方のセオリーについて。ステンレスの鍋が焦げやすい理由。くっつくの原因は熱伝導率?

アルミ鍋は軽くて熱容量が小さい

アルミの鍋の特徴として、「軽さ」があります。

軽い鍋は、熱容量が小さくなります。
熱容量とは「鍋(素材)に蓄えられる熱量」のことであり、熱容量が高いほど「冷めにくい」という特徴を持ち、熱容量が低いほど「冷めやすい」という特徴を持ちます。

揚げ物鍋に銅や鉄が好まれるのは、熱容量が高いためです。
銅や鉄は密度が高いために熱容量が高く、油温が安定しやすくなります。(※ステンレスの場合には、熱伝導率の低さがネックとなり好まれません)

熱容量は、「比熱×質量(重さ)」によって求められます。

  • 主な素材の密度(kg/m3
    • アルミ:2700
    • 鉄:7870
    • ステンレス:7820

この特徴は、メリットにもデメリットにもなります。
保温性に乏しいことからも煮込み料理には向きませんが、短時間で仕上げる(仕上げなければならない)料理には向いています。

また、常備菜は(少なからず)食中毒のリスクを伴います。
食材の保存性を高めるためには、雑菌の繁殖しやすい「中途半端に温かいゾーン」を素早く通過させて冷やす必要がありますので、「冷めやすい」という特徴はプラスになるのです。

汎用性の高さと耐食性の問題

アルミの雪平鍋は、汎用性の高さが魅力です。
下ごしらえから仕上の調理まで、多くの日本料理には「アルミの特徴が適している」と言っても過言ではありません。

多少の注意は必要ですが、揚げ物にも利用できます。

しかし、万能というわけでもありません。
アルミには「極端な酸性や塩基性(アルカリ性)には弱い」という特徴がありますので、そのような調理に利用すると「黒ずみ」や「腐食」の原因になってしまいます。

もちろん、常識的な使い方をしていれば問題にはなりません。

また、「(比較的)安価」な鍋でもあります。

調理器具の多くは、「大は小を兼ねる」ようにはいきません。
自炊をはじめたばかりの頃には想像以上の初期投資が必要となりますので、そろえやすい雪平鍋はありがたい存在となるはずです。

これから調理道具の充実を考えているのであれば、16cm、18cm、20cmの3サイズがあるだけでも調理がはかどります。

雪平鍋(アルミ鍋)での揚げ物。天ぷら鍋との違いと注意点。雪平鍋の黒ずみ。アルミが変色してしまう理由と除去方法。

まとめ

雪平鍋には、多くのメリットがあります。

蓄熱性が低いため、保温調理には向きません。
しかし、「熱ムラができにくく冷めやすい」という特徴は、使い方さえ間違えなければ大きなメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。