【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

雪平鍋(アルミ鍋)での揚げ物。天ぷら鍋との違いと注意点。

雪平鍋でも、問題なく揚げ物ができます。
もちろん、専用の揚げ物鍋の方が「揚げやすい」ことは事実なのですが、揚げ物鍋を持っていないのであれば悪い選択肢ではありません。

そもそも、一般家庭の揚げ物は「揚げ焼き」の頻度が高くなります。

揚げ焼きであれば、フライパンでOKです。
しかし、コロッケなどのような「たっぷりの油で揚げなければいけない料理」にはフライパンは適しませんので、雪平鍋を使うのも悪くありません。

以下、詳細の説明をしていきます。

雪平鍋(アルミ鍋)の特徴とは?

一般的に、雪平鍋と言えばアルミ製です。
もちろん、ステンレスや銅の雪平鍋もあるのですが、「一般的に」という観点で言えば「雪平鍋=アルミ製の片手鍋」と考えても問題ないと思います。

アルミ鍋は、熱伝導率の良さが魅力です。
しかし、熱容量は大きくありませんので、一般的な揚げ物鍋(銅や鉄など)と比べると「揚げ物には適していない素材」と言えます。

冷めやすく、油の温度が安定しにくいためです。

また、揚げ焼きには適しません。
「熱伝導率が良く熱容量が小さい」というアルミ鍋の特徴は、食材が触れることによって急激に温度を奪ってしまうことで「くっつきやすくなる」ためです。

焦げてしまうことも珍しくありません。

雪平鍋での揚げ物は、油を多く使う場合におすすめです。

揚げ物鍋と雪平鍋とでの比較

鍋の素材には、それぞれに向き不向きがあります。
これには「素材の持つ特徴」が大きく関わっており、主なものには「熱伝導率」「比熱」「密度(重さ)」などがあります。

以下は、主な素材の特徴です。

  • 銅:熱伝導率が良く、熱容量も大きい。
  • 鉄:熱伝導率は悪いが、熱容量は大きい。
  • アルミ:熱伝導率は良いが、熱容量が小さい。
  • ステンレス:熱伝導率は悪いが、熱容量は大きい。

上記の「良い」「悪い」はおおよそのイメージです。
たとえば、鉄とステンレスはどちらも熱伝導率が良くありませんが、鉄が67.00(w/m・K)であるのに対してステンレスは16.00(w/m・K)となります。

ちなみに、アルミは204.00(w/m・K)です。

これらの点から、揚げ物鍋の素材には優劣がつけられています。
それが、「銅>鉄>アルミ>ステンレス」の順であり、熱伝導率と熱容量(比熱×密度)が加味されての順番となっています。

雪平鍋は、「使えるけど良くはない」と言ったところでしょうか。

揚げ物鍋の材質。素材の違いによる主な特徴について。

雪平鍋での揚げ物の注意点

一般的に、「揚げ物鍋=両手鍋」です。
これは、調理中に持ち手をひっかけて「鍋をひっくり返してしまう事故」を予防するためであり、基礎的な教本には「片手鍋による揚げ物はNG」と書かれています。

正直、どちらでも構いません。

家庭料理には家庭料理のコツがあります。
コロッケなどを除けば「大半の揚げ物はフライパンでも揚げられます」ので、(揚げ焼きではなく)揚げ物をする時にだけ注意しながら雪平鍋を使用するのも悪くないと思います。

もちろん、揚げ物鍋は「あれば便利」です。
しかし、本格的な揚げ物鍋はそれなりに高いものですし、「銅はくすむ」「鉄は錆びる」などの面倒くささがあります。

心から「おすすめします」とは言えない部分があります。

コロッケの揚げ方。揚げ焼きにせずたっぷりの油で揚げる理由。

まとめ

雪平鍋であっても、揚げ物はできます。
しかし、「温度が安定しにくい」「(油が少ないと)くっつきやすい」などのデメリットがあることも事実です。

その点を注意していれば、雪平鍋も悪くはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。