雪平鍋(アルミ鍋)での揚げ物。天ぷら鍋との違いと注意点。

雪平鍋でも問題なく揚げ物ができます。
アルミ製の片手鍋(雪平鍋)だからと言って、「油はねしやすい」「アルミが溶けだす」などということはありませんので安心してください。

むしろ、一般家庭では便利な存在となります。

家庭の揚げ物は、フライパンなどでの揚げ焼きが多くなります。
しかし、コロッケなどのように「油を吸いやすい」「崩れやすい」などの特徴を持つ食材は、たっぷりの油で揚げなければなりません。

そこで役立つのが雪平鍋です。

しかし、メリットばかりでもありません。
雪平鍋は汎用性の高い鍋ですが、揚げ物鍋としてはデメリットとなる特徴も兼ね備えていますので、その特徴を理解した上での使用をおすすめします。

スポンサーリンク

雪平鍋(アルミ製)の特徴

一般的に、雪平鍋はアルミ製の片手鍋です。
アルミには「熱されやすく冷めやすい」という特徴がありますので、銅や鉄(または鋳鉄)の鍋と比べて揚げ物には適さないという特徴をもちます。

油温が安定しにくく、手間がかかるためです。

また、油の量が少ないと、焦げつきやすくなります。
これは「温度の低い食材がアルミの温度を奪う」ためであり、少量の油で揚げ物をする家庭には向かない揚げ物鍋であるといえます。

天ぷら鍋の材料には、優劣があります。
一般的には「銅>鉄>アルミ>ステンレス」の順だとされており、揚げ物鍋に銅製や鉄製が多いのは理由があってのことなのです。(関連記事:揚げ物鍋の材質

片手鍋が揚げ物に向かない理由

一般的に、揚げ物鍋は両手鍋です。
これは、調理中に持ち手が引っかかって「鍋をひっくり返してしまうリスク」があるためであり、事故を未然に防ぐためにも両手鍋が推奨されています。

正直、どちらでも良いと思います。

家庭料理では「揚げ焼き」の頻度が高くなりますよね?
フライパンに数センチの油をひけば、コロッケなどを除いた大半の料理(フライなど)は美味しく揚げることができます。(関連記事:コロッケの揚げ方

揚げ物鍋は便利ですが、用途次第で「おすすめできるのか?」は変わってきます。

まとめ

雪平鍋で揚げ物をしても、問題ありません。
ただし「持ち手に引っかからないようにする」「(油温の変動が大きいため)温度管理を慎重に行う」などの注意点があります。

「天ぷら鍋を購入するべきか?」に関しては、「揚げ物をすることが多いのか?」「揚げ焼きにすることが多いのか?」によっても変わってくる問題です。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。