少々とひとつまみの違い。塩などを重さや体積で管理しない表記方法。

レシピには、少々やひとつまみと表記されることがあります。
これらの表記は、「分量を示すほどではないが加えないと料理の味に影響を及ぼしてしまう」場合に用いられる言葉です。

  • 少々:親指と人差し指でつまんだ量
  • ひとつまみ:親指、人差し指、中指でつまんだ量

たとえば、塩加減は料理の味に大きな影響力を持ちます。
塩を加える目的は「塩味を加える(味付けをする)」ばかりでなく、「味を引き締める」「食材の味を引き立てる」場合にも用いられます。

少々の塩を加えないと、味がぼやけてしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

少々は「親指と人差し指でつまんだ量」

少々とは、2本の指でつまんだ分量です。
親指と人差し指でつまめる分量となりますので、おおよそ小さじ1/20ほどとなり、重さに換算すると0.3g前後になると考えられています。

基本的には、味を調えるために用いられます。

しかし、意味合いが違う場合もあります。
肉や魚の下味として少々と記載されている場合には、分量というよりは「全体に薄く均一に塩がふられている状態」のことを指します。

誤解が生じやすい部分でもありますので注意してください。

ひとつまみは「親指、人差し指、中指でつまんだ量」

ひとつまみは、3本の指でつまんだ分量です。
親指、人差し指、中指でつまむことになりますので、おおよそ小さじ1/8となり、重さに換算すると0.7g前後になると考えられています。

ひとつまみは、少々の2倍強となります。
少々の2倍強(小さじ1/8前後)となりますので、調理によっては「少なからず(分かりやすく?)味に影響を及ぼす分量」と言えます。

とはいっても、難しく考える必要はありません。
少々やひとつまみが用いられるのは「多少前後しても料理の失敗にはつながらない場面」となりますので、気楽に考えてください。

もちろん、わざわざ計量スプーンやキッチンスケールを使う必要はありません。

ひとつかみは「片手で握った量」

ひとつかみとは、5本の指で軽くにぎった分量です。
手の大きさには個人差がありますので誤差は大きくなりますが、(食塩であれば)おおよそ25g前後になると考えられています。

ひとつかみは、下ごしらえなどに用いられます。

たとえば、魚介類のぬめり取りなどです。
ひとつかみという表記が調味に用いられることはなく、食材の下処理や保存のために用いられることが多くなります。

滅多に使いませんが、一応、覚えておいてください。

まとめ

少々やひとつまみには、明確な定義があります。
少々は「親指と人差し指でつまんだ量(小さじ1/20前後)」、ひとつまみは「親指、人差し指、中指でつまんだ量(小さじ1/8前後)」です。

ひとつかみに関しては、調理の下ごしらえなどに用いられます。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。