【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

少々とひとつまみの違い。塩などを重さや体積で管理しない表記方法。

レシピ本には、疑問を感じる表現があります。
その最たるものが調味料などの計量に使われる「少々」「ひとつまみ」「ひとつかみ」などの表現ではないでしょうか?

これらの表現には、遊びが設けられています。
たとえば、「分量を示すほどではないが、加えないと料理の味に影響を及ぼしてしまう場合」に用いられる計量法であり、厳密さは求められていません。

  • 少々:親指と人差し指の2本でつまんだ量
  • ひとつまみ:親指、人差し指、中指の3本でつまんだ量
  • ひとつかみ:片手で軽く握った量

「大体このくらいなので、あとは各自で調節して」ということです。

しかし、軽視することはできません。
食塩などの影響力の大きな調味料の場合には、少々の塩が「味を引き締める」「料理の特徴を際立たせる」などの影響力を持ちます。

大げさかもしれませんが、少々やひとつまみには、調理する人のセンスが問われます。

少々は「親指と人差し指でつまんだ量」

少々とは、2本の指でつまんだ分量です。
親指と人差し指でつまめる分量となりますので、おおよそ小さじ1/20ほどとなり、重さに換算すると0.3g前後になると考えられています。

基本的には、味を調えるために用いられます。

わざわざキッチンスケールで0.3gを量る必要はありません。
少々と表記されている場合には「多少前後しても料理の出来栄えに影響を及ぼさない」ものですので、気軽に2本指でつまんでOKです。

しかし、意味合いが違う場合もあります。
肉や魚の下味として少々と記載されている場合には、分量というよりは「全体に薄く均一に塩がふられている状態」のことを示している場合があります。

誤解が生じやすい部分でもありますので(多少の)注意は必要です。

ひとつまみは「親指、人差し指、中指でつまんだ量」

ひとつまみは、3本の指でつまんだ分量です。
親指、人差し指、中指でつまむことになりますので、おおよそ小さじ1/8となり、重さに換算すると0.7g前後になると考えられています。

ひとつまみは、少々の2倍強となります。
少々の2倍強(小さじ1/8前後)となりますので、調理によっては「少なからず(分かりやすく?)味に影響を及ぼす分量」であると言えます。

しかし、神経質になる必要はありません。
ひとつまみの場合も(少々と同様に)「多少の前後では料理の失敗につながらない場面」に用いられる表記方法となりますので、気楽に考えてOKです。

もちろん、計測器具を使う必要はありません。

ひとつかみは「片手で握った量」

ひとつかみとは、片手で軽く握った分量です。
手の大きさには個人差があることからも「誤差の大きな軽量方法」となりますが、食塩の場合にはおおよそ25g前後になるとされています。

ひとつかみは、下ごしらえなどに用いられます。

たとえば、魚介類のぬめり取りなどです。
魚介類の臭みはぬめりなどに多く含まれていますので、ひとつかみの食塩によって「ぬめり取りをする場合」などには表記されていることがあります。

正直、滅多にお目にかかることのない指示方法です。
一般家庭における日常調理には使われることがないかとは思いますが、一応、「ひとつかみ=食塩であれば25g前後(約大さじ2弱)」と覚えておいても良いかと思います。

まとめ

少々やひとつまみというのは、おおよその分量です。

一応、「少々:親指と人差し指でつまんだ量(小さじ1/20前後)」「ひとつまみ:親指、人差し指、中指でつまんだ量(小さじ1/8前後)」という目安はあるものの、レシピを書いた人にとっては「大体このくらいなので後はご自由に」という気持ちであるはずです。

難しく考えず、「大体このくらいだよね」といった具合でOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。