コーヒードリッパーの材質。素材(陶器とプラスチック)の違い。

コーヒードリッパーには、材質の違いがあります。
一般的なドリッパーの材質と言えば「プラスチック(AS樹脂)」か「陶器(セラミック)」で作られていますよね?

材質の違いは、コーヒーの味に影響します。

一見して陶器の方が優れているように思うかもしれません。
確かに陶器製のドリッパーには、「熱を蓄える」「高級感があり所有欲を満たせる」などのメリットがあります。

しかし、メリットばかりでもありません。
今回の記事では、コーヒードリッパーにおけるプラスチック(AS樹脂)製と陶器製の違いについて説明していきます。

形状の違いによる優劣

基本的には、プラスチック製をおすすめします。
特に、はじめてペーパードリップにチャレンジしようと思っている場合には、「形状が正確につくられているプラスチック製」がおすすめです。

ドリッパーは繊細な器具です。
落ちる速度(または浸漬時間など)によって「味が大きく変わります」ので、特にこだわりがなければ形状が正確なものを選ぶべきです。

  • プラスチック:形状が正確につくられている
  • 陶器:穴の大きさやリブ(溝)の深さにムラがある

また、プラスチック製の方が安価です。

ペーパードリップをはじめたばかりのころには、「どの形状のドリッパーが好みなのかが分からないので複数のドリッパーを試してみたい」「ミルやドリップポットを購入しなければいけない」などの理由から(それなりに)大きなお金が必要になります。

プラスチック製から始めた方が、色々な意味で幸せになれます。

温度管理の違い

抽出温度は、コーヒーの味に影響を与えます。

たとえば、酸味と苦味のバランス。
酸味には「低温でも抽出される」という特徴がありますが、苦味には「低温では抽出されにくい」という特徴があります。

ドリッパーが温められるのは、温度のばらつきを防ぐためです。
しかし、陶器には「熱容量が高い」という特徴がありますので、十分にドリッパーを温めるのには時間がかかります。

ドリッパーにおきましては、この熱容量の高さが面倒なのです。

熱伝導率の違いは?

熱伝導率とは、熱の伝わりやすさです。
この値が高いほどに「熱が伝わりやすい=全体がムラなく温まりやすい」ということであり、多くの調理器具では熱伝導率の良さが重宝されています。

  • 熱伝導率(W/m・k)
    • AS樹脂:0.15~0.16
    • 陶器:1.40
    • 鉄:67.00
    • アルミ:204.00

熱伝導率が良いのは、陶器です。
しかし、「あくまでもAS樹脂と比べれば」ということであり、他の材質と比べれば「団栗の背比べ状態」であることが分かるかと思います。

熱伝導率に関しては、どちらも同程度となります。

比熱の違いは?

次に、比熱を見ていきましょう。
比熱とは「温度を上げるために必要なエネルギー量」のことですので、値が低いほどに「少ないエネルギーで温めることができる」ことになります。

  • 比熱(kj/kg・K)
    • AS樹脂:1.34~1.42
    • 陶器:0.8
    • 鉄:0.461
    • アルミ:0.900

比熱だけをみると、陶器が優れています。
しかし、現実に「陶器は温まりにくくて冷めにくい」という特徴を持つことは、(これまでの経験などから)想像に難しくありませんよね?

これには、熱容量の違いが関係しています。

熱容量の違いとは?

熱容量とは、蓄えられるエネルギー量(熱量)です。
熱容量は「比熱×質量」で導き出すことができますが、基本的には「重いものほどに熱容量が高い」と考えて問題ありません。

陶器製のドリッパーは重いですよね?

  • 密度(kg/m3
    • AS樹脂:1075~1100
    • 陶器:2400

「重い」ということは、熱容量が高いということです。
熱容量が高いということは「温まりにくく冷めにくい」ということでもありますので、長時間使用するタイプの調理器具に好まれる特徴です。

ドリッパーの使用時間は、長くありません。
多くのドリッパーには「何杯であっても3分以内に抽出を終えてください」などのような注意書きがあるはずです。

正直、3分以内のために時間をかけて温めるのは、面倒くさくなります。

まとめ

材質の違いには、一長一短があります。

当ブログでは、プラスチック(AS樹脂)製をおすすめします。
陶器製よりも気軽に使えますし、何よりも「形状が正確で当たりはずれが少ない」という点は大きなメリットだと言えます。

もちろん、最終的には好みの問題となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。