【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

おすすめのフライパンの大きさ。選び方の基本とその理由。

フライパンには、料理に適した大きさがあります。

多くの料理本には、目安が書かれています。
一般的には「20cmと26cm(または24cm)の2枚」と記載されているケースが多く、ちょっとした料理には20cm、メインの料理には26cmのように使い分けます。

以下、「なぜ20cmと26cmの2枚なのか?」に関して説明します。

料理に適したフライパンの大きさとは?

料理には、適切なフライパンのサイズがあります。

フライパンは、半分ほどの容量で調理するものです。
それよりも多くの食材を入れてしまうと「温度が下がってベチャベチャになってしまう」ことになりますし、少なすぎれば「熱が強すぎる」ことになります。

これは、フライパンの持つ熱容量が関係しています。
熱容量とは「比熱×密度(重さ)」によって求められ、「鉄フライパンは美味しく調理できる」と言われている理由が熱容量の高さにあります。

「野菜はカサが減るから大丈夫」というのは間違いです。
確かに野菜は加熱することでカサが減りますが、そのような方法で炒められた野菜は「炒め物ではなく蒸し物(または煮物)」のような出来栄えになってしまいます。

炒め物は、強火で短時間のうちに炒めることがポイントであるためです。

大きすぎるフライパンのデメリット

大きなフライパンは、片付けが大変です。
たとえば目玉焼きを一つだけ焼く場合、20cmのフライパンと26cmのフライパンの「どちらが扱いやすいか?」は考えるまでもありませんよね?

また、スパニッシュオムレツのように「フライパン全体を使って高さを出すような料理」の場合には、20cm(または20cm以下)のフライパンが必要だったりもします。

基本的に、26cmのフライパンは(重く)振りにくいものです。
特に鉄のフライパンを使用している場合には、炒め物用というよりは「焼き物専用」のような使い方になるのが一般的です。

そこでおすすめしたいのが中華鍋です。
中華鍋は板厚が薄く作られています(1.2mm前後)ので軽くて扱いやすく、30cm以上であっても容易に振ることができます。

ガスコンロをお使いの家庭であれば、心からおすすめできます。

まとめ

フライパンは、大きさ別に複数枚が必要です。
一般的な料理本では「20cmと26cm(または24cm)の2枚」と記載されていることが多く、妥当な選択だと思われます。

「一人暮らしには大きすぎる」と感じられるかもしれません。
しかし、「熱容量」や「実際に使えるフライパンの容量」を考慮すると、一人暮らしであっても「20cmと26cm(または24cm)の2枚」は必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。