野菜の水切り器をおすすめする理由。小さな一手間の大きな違い。

野菜は、洗います。
切る前には「泥を落とすために」洗いますし、切った後には「アクを取り除くため」や「食感を良くするため」に洗います。

そこで問題となるのが、水切りです。
汁ものであれば水切りに気を使う必要はありませんが、生野菜で食べる場合や炒め物にする場合には「水切り」が重要な作業になってきます。

水切り器は、重要なキッチン器具なのです。

野菜を切ってから洗う理由

多くの野菜は、切ってから洗います。
もちろん、切る前にも「泥やホコリを洗い流す」のですが、切る前と切った後での「洗う」には目的の違いがあります。

  • 切る前:泥やホコリの除去
  • 切った後:アクの除去と食感

野菜には、アクが含まれています。
アクの成分は様々ですが、「えぐ味」「渋味」「苦味」につながる成分ですので、少しでも取り除くことが美味しく仕上げるためのポイントです。

また、「食感が良くなる」という点も見逃せません。(関連記事:キャベツの千切りを水にさらす理由

野菜の水切りが重要である理由

洗った野菜は、水切りしなければいけません。
水切りをしなければ「ベチャベチャした食感や味」「炒める際にはじきやすくなる」などのデメリットが生じることになります。

野菜の水切りには、複数の方法があります。
たとえば「ふきんやキッチンペーパーで拭く」「ザルにあげておく」「野菜を入れたザルにボウルをかぶせて上下に振る」「水切り器を使う」などです。

間違いのないのが水切り器です。
安価なキッチン器具でありながら、手軽にしっかりと水切りのできる優れものです。

まとめ

野菜の水切り器は、おすすめできるキッチンアイテムです。
容量や洗いにくさの問題がありますので「この製品がおすすめ」というのは断定できませんが、試してみる価値はあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。