ビアレッティ社のブリッカ。クレマの正体とエスプレッソとの違い。

ビアレッティ社のブリッカは、クレマをつくれます。
クレマとは「カップに浮かぶ泡の層」のことであり、良いクレマこそが美味しいエスプレッソの条件だとも言われています。

ブリッカは、クレマをつくれるマキネッタです。

では、実際にできるクレマはどのようなものか?
ブリッカの購入を検討されている方、もしくはブリッカに興味のある方であれば、少なからず気になるポイントであるはずです。

そこで今回は、ブリッカのクレマについて説明していきます。

スポンサーリンク

クレマのできる条件とは?

※上記画像は「デロンギ EC200N」で入れたエスプレッソです。

クレマの正体は、炭酸ガスです。
コーヒー豆は多孔質であり、焙煎時に生成された炭酸ガスは多孔質な豆の内部に閉じ込められています。

この炭酸ガスが、クレマをつくります。

エスプレッソは、高圧によって抽出されます。
その際、コーヒー豆に含まれていた炭酸ガスはコーヒーに溶け込み、抽出後のタイミング(常圧に戻されたタイミング)で気泡となって泡をつくります。

その泡こそが、クレマの正体です。

しかし、ブリッカの圧力は2~2.5気圧程度です。
エスプレッソマシンの圧力(およそ9気圧前後)とは大きな開きがありますので、十分な炭酸ガスが溶け込んでいるのかについては疑問符がつきます。

「ブリッカでつくられる泡=クレマ」とは言えない部分があるのです。

ブリッカでつくられるクレマ(泡)

画像は、ブリッカで入れたコーヒーです。
カップに浮かぶ泡の層(クレマ?)はできていますが、エスプレッソのように液体から放出される炭酸ガスは確認できません。

もちろん、全く「炭酸ガスが溶け込んでいない」とは言い切れないのですが、エスプレッソマシンで入れたコーヒーとは明らかな違いがあります。

エスプレッソのクレマは「コーヒーに溶解していた炭酸ガスによって生じる泡」であり、ブリッカのクレマは「(大部分が)抽出時の攪拌によって生じる泡」であるようなイメージを持ってもらえれば分かりやすいかと思います。

ちなみに、今回使用した豆は澤井珈琲「ブレンド・フォルテシモ」です。
エスプレッソ向きのコーヒー豆ではありませんが、特別な豆を選ばなくても「このくらいにはなる」ことを示すために選択しました。

……というのは後付けであり、冷凍庫に残っていた豆です。

まとめ

ビアレッティ「ブリッカ」では、泡が立ちます。
しかし、エスプレッソに浮かぶ「クレマとは異なるもの」だと考えるのが妥当であり、注いだ後に浮かび上がってくる泡は(ごく)少量です。

この点を許容できるのであれば、ブリッカは良い器具だと思います。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。