【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

鉄フライパンの洗い方。たわし(もしくはササラ)の理由。

鉄フライパンは、物理的に汚れを落とします。

基本的に、洗剤は使いません。
「洗剤を使ってはいけない」というわけではありませんが、洗剤を使ってしまうと「いつまでたっても使いやすくならない(育たない)」ことになります。

おすすめは、たわし(もしくはササラ)です。
たわし(もしくはササラ)を使って「油分を残しながらも汚れを落とす」ことがポイントとなりますので、一般的なフライパンとは洗い方が異なることになります。

以下、詳細の説明をしていきます。

鉄フライパンの洗い方

鉄フライパンの洗い方は、至ってシンプルです。
基本的には「たわし(もしくはササラ)を使って水洗いする」こととなり、洗剤を使わずに物理的に汚れをこそげ落としていきます。

これによって、油分が残ることによる樹脂層の形成がスムーズに進みやすくなります。

手順1
調理後の洗うタイミング

鉄フライパンを洗うタイミングは、意見が分かれます。焦げ付かせてしまった場合には「すぐに洗った方が焦げ付きを落としやすい」という特徴がありますし、ある程度冷えてから洗った場合には「油分が残りやすく鉄フライパンが育ちやすい」という特徴があります。料理人(料理を職業としている人)であっても意見の分かれる問題です。

手順2
たわし(もしくはササラ)で洗う

鉄フライパンは、パームたわし(もしくは竹ササラ)にて洗います。洗うというよりは「固形物を物理的にこそげ落とす」ような感覚です。これによって鉄フライパンの表面には油分が残ることとなり、残った油分が重合することで樹脂層が形成されやすくなります。

手順3
コンロにかけて水気を飛ばす

洗い終えましたら、コンロの火にかけて水気を飛ばします。完全に乾燥させることがポイントであり、水分を残してしまうと(特に下ろしたばかりの鉄フライパンでは)赤錆が生じてしまいますので注意が必要です。水分を飛ばしましたら、コンロの上で冷やしてから片付けます。

以上が、鉄フライパンの洗い方です。

鉄フライパンの洗浄は、意図的に油分を残します。
鉄フライパンは油分が重合化する(樹脂層を形成する)ことで使いやすくなってきますので、「汚れは落とすが若干の油分は残しておく」ことがポイントになります。

汚れはこそげ落とす理由

鉄フライパンは、汚れをこそげ落とします。

通常、洗い物には洗剤を使います。
洗剤を使うことで「化学的に汚れが引き離されます」ので、物理的に落とさなくても(ほとんどこすらなくても)汚れを除去することができるためです。

しかし、洗剤を使ってしまうと必要な油分までが洗い流されてしまいます。

鉄フライパンには、「油の重合化」が必要です。
油が重合化することによる樹脂層の形成によって鉄のフライパンは使いやすくなっていきますので、「汚れは落としたいが油分は残したい」ものなのです。

そのため、汚れをこそげ落とすようにして洗うことになります。

MEMO
鉄のフライパンは、速やかに料理を移し替えなければいけません。料理に含まれる塩分や酸は鉄を傷めますし、食材に含まれるポリフェノールには「鉄と反応して変色する」ものがあります。様々な面で、テフロン加工のフライパンのようには使えません。

多くの家庭では、たわしを使って洗われています。

おすすめは、パームたわしです。
たわしには大きく「パームたわし」と「棕櫚たわし」がありますが、パームは「点で洗うたわし」、棕櫚は「腰で洗うたわし」となります。

鉄のフライパンを洗うには、パームが適しています。

竹ササラもおすすめです。

ササラは本来、中華鍋を洗うための道具です。
しかし、「汚れをこそげ落とせる」という点においてはパームたわしよりも優れた道具ですので、鉄フライパンを洗うにもおすすめできます。

鉄フライパンは、慣れていないと焦げ付かせてしまうものです。

ササラは、洗浄力に優れています。
たわしでは「落としにくい焦げ付き」であっても、ササラであれば「簡単に落とせる」ことになりますので、鉄フライパンに対してもおすすめできる道具です。

鉄フライパンに「竹ささら」をおすすめする理由。油を残すメリット。

鉄フライパンを念入りに洗う理由

鉄フライパンは、丁寧に洗わなければいけません。

焦げ付きを残すと、フライパンを傷めます。
鉄フライパンに汚れが残っていると、汚れの陰イオンとフライパン(鉄)の陽イオンが反応してしまうために、「孔食」と呼ばれる腐食が生じやすくなるためです。

簡単に言えば、小さな穴が開いてしまうのです。

また、リベット部や裏側にも注意が必要です。
鉄のフライパンは(基本的には)洗剤を使いませんので、使用する度に丁寧に洗っておかなければ洗い残しがフライパンに焼き付いて蓄積していくことになります。

見た目が良くありませんし、場合によってはフライパンを傷めてしまう原因にもなります。

鉄フライパンのたわし。棕櫚よりもパームをおすすめする理由。

熱して水分を飛ばす理由

鉄フライパンは、熱することで水分を飛ばします。

鉄は、水分が残っているとサビます。
使い込まれた鉄フライパンであればサビにくくなりますが、使い始めたばかりの鉄フライパンは「樹脂層の形成が不十分」であるために簡単に錆びてしまいます。

コンロの火にかけて水分を飛ばしておくことがポイントです。

布巾で拭いただけでは不十分です。
拭いただけでは湿った状態が続くことになりますので、(季節などにもよりますが)やはり細かな錆が生じてしまいやすくなります。

熱フライパンを火にかけて乾燥させるのは、基本中の基本です。

MEMO
火にかけて乾かすことで、鉄フライパンは使いやすくなります。これは、フライパンに残った油分が重合化(樹脂層を形成)することによってこびり付きにくくなるためです。

「油を塗るのか?」については、意見が分かれます。
油を塗っておけば「保管中に錆びにくくなります」が、油が酸化することによる「臭いが生じやすくもなります」ので、意見が分かれてしまうのです。

  • メリット:保管中にサビにくくなる
  • デメリット:酸化による嫌な臭いが生じる

基本的には、塗る必要はないと考えています。
もちろん、使用頻度が少ない場合には塗っておいた方が安心ですが、日常的に使っているフライパンであれば油を塗ることによるメリットは少ないと考えられます。

油を塗っておくと埃も付きやすくなりますので、乾かすだけでもOKです。

鉄フライパンの茶色いシミ。汚れの正体と対処方法は?

まとめ

鉄フライパンの汚れは、こそげ落とします。
パームたわしや竹ササラを使って「油分を残しながらも汚れを落とす」ことがポイントであり、汚れを残してしまうとフライパンを傷めてしまいます。

鉄フライパンは、上手く使えば一生ものです。
しかし、基本的なポイントが押さえられていないと「サビ」や「孔食」の原因になってしまいますので多少の注意は必要です。

亀の子 掃除用たわし 束子3号 2個セット 10003106

亀の子 掃除用たわし 束子3号 2個セット 10003106

710円(09/26 14:53時点)
Amazonの情報を掲載しています
遠藤商事 業務用 ささら 竹 ASS01

遠藤商事 業務用 ささら 竹 ASS01

300円(09/26 17:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
竹つづり ササラ MK05-ZK309

竹つづり ササラ MK05-ZK309

770円(09/27 06:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。