鉄フライパンの洗い方。焦げ付きにくく使いやすくなる方法。

鉄のフライパンは、物理的に汚れを落とします。

洗剤を使う必要はありません。
もちろん、「洗剤を使ってはいけない」というわけではありませんが、鉄のフライパンは使い続けることによる「油の重合化(ポリマー化)」によって使いやすくなっていきます。

油による樹脂層を形成するわけです。

具体的には、たわしで水洗いをします。
よほどの理由がなければ洗剤を使わなくてもきれいに洗えますので、たわし(またはササラ)などを使用して汚れを落としていきます。

以下、詳細の説明です。

スポンサーリンク

鉄フライパンには料理を残さない

鉄フライパンでつくった料理は、速やかに移します。

調味料には、塩分や酸が含まれています。
塩分や酸の含んだ料理をフライパンに放置してしまうと、錆や腐食の原因になってしまいますので注意が必要です。

また、料理の味や見た目へも影響を与えてしまいます。

フッ素樹脂加工のフライパンとは違います。
フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンでは問題にならなかったようなことが、鉄のフライパンでは大問題になる可能性があるのです。

鉄フライパンは調理後すぐに洗う

鉄フライパンは、冷めないうちに洗います。
フライパンが冷める前であれば(多少の焦げ付きがあったとしても)軽くたわしで水洗いをしただけでも汚れを落とすことができます。

また、調味料によってフライパンを傷めることもありません。

裏側やリベット部なども念入りに洗います。
しばらくは洗剤を使わずに洗い続けることになりますので、(丁寧に洗わなければ)裏側やリベット部などへ焼かれた油汚れが蓄積してしまいます。

使用上の問題はありませんが、見た目は良くありません。

火にかけて水分を飛ばしておく

洗浄後には、コンロにかけて水分を飛ばします。

数分ほどで完全に乾燥します。
「布巾で拭けばよいのでは?」と思われるかもしれませんが、鉄のフライパンは洗剤を使わずに洗いますし、(使い始めは)多少の水分でも錆びてしまいます。

火にかけて乾かした方が、合理的です。

基本的に、油を塗る必要はありません。
油を塗るメリットは「保管中の防錆」でしかありませんので、週に数回使用するのであれば油を塗らなくても問題はありません。

また、油を塗っておくと加熱した際に「油の部分的な重合化(茶色いシミ汚れ)」ができてしまいやすくなりますので、むしろ塗らない方が良いかと思います。(関連記事:鉄フライパンにつく茶色いシミ汚れの正体

油を塗っておいても使いやすくなることはありません。

まとめ

鉄フライパンは、たわしで水洗いをします。

「洗剤を使ってはいけない」ということはありません。
しかし、油の重合(ポリマー化)が不十分であるフライパンの使い始めに洗剤を使ってしまうと、「うまく育たない」ことにもなりかねません。

基本的には、水洗いだけで十分です。

ちなみに、たわしの素材は棕櫚(シュロ)ではなくパームがおすすめです。
シュロは「柔軟性で洗う(腰で洗う)素材」ですが、パームは「硬さで洗う(点で洗う)素材」ですので、鉄フライパンの使い始めに適しています。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。