【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

鉄フライパンの洗い方。たわしを使ってしっかりと洗うこと。

鉄フライパンは、たわしを使って洗います。
ササラなどを用いることもありますが、(入手性の問題などから)一般的には「パームたわし」を使って洗われています。

鉄フライパンには、洗剤を使いません。
洗剤を使わずに洗うからこそ「油が重合化することによる樹脂層」が形成されやすくなり、樹脂層が厚くなっていくことこそが「鉄フライパンが成長する」と言われたりもします。

以下、詳細の説明をしていきます。

鉄フライパンには料理を残さない

鉄フライパンでつくった料理は、速やかに移します。

料理には、塩分や酸が含まれています。
塩分や酸の含んだ料理を鉄フライパンに放置してしまうと、サビや腐食が生じてしまいますので、速やかに移し替える必要があります。

また、料理の変色の原因になることもあります。
食材に含まれるポリフェノールなどには鉄と反応して変色するものがありますので、変色を防ぐためにも移し替えなければいけません。

害はありませんが、彩りは著しく悪くなることがあります。

鉄フライパンは調理後すぐに洗う

料理を移し替えたら、すぐに洗います。
フライパンが冷えてしまうと「こびり付いた食材を落としにくくなってしまいます」ので、熱が残っているうちにこすり洗いをすることがポイントです。

パームたわしを使って、ていねいに洗ってください。

鉄フライパンは、洗い残しがダメージになります。
こびり付いた食材がわずかにでも残っていると、食材の陰イオンと鉄フライパンの陽イオンが反応してしまうために「孔食」と呼ばれる腐食が生じてしまいます。

簡単に言えば、小さな穴が開いてしまうということです。

また、裏側やリベット部なども念入りに洗います。
しばらくは洗剤を使わずに洗い続けることになりますので、(念入りに洗っておかなければ)落としきれなかった汚れがフライパンに焼き付いてしまうことになります。

見た目が良くありませんし、フライパンを傷める原因にもなります。

鉄フライパンのたわし。棕櫚よりもパームをおすすめする理由。

コンロの火にかけて水分を飛ばす理由

洗い終わりましたら、水気を切ってからコンロの火にかけます。

熱する必要はありませんが、完全に乾くまで温めていきます。
特に、使い始めたばかりの鉄フライパンの場合には「樹脂層の形成が不十分」ですので、水分が残っていると簡単に錆びてしまいます。

布巾で拭いただけでは不十分です。
拭いただけでは湿った状態が続くことになりますので、(季節などにもよりますが)やはり細かな錆が生じてしまいやすくなります。

熱フライパンを火にかけて乾燥させるのは、基本中の基本です。

「油を塗るのか?」には意見が分かれます。
油を塗っておけば「保管中に錆びにくくなるメリット」が得られますが、「油が酸化することによる臭いが生じやすくなるデメリット」もあります。

基本的には、塗る必要はないと考えています。
もちろん、使用頻度が少ない場合には塗っておいた方が安心ですが、日常的に使っているフライパンであれば油を塗ることによるメリットは少ないと考えられます。

重合物による「シミ汚れ」も付きやすくなります。

鉄フライパンにつく茶色いシミ汚れ。その正体と対処方法。

まとめ

鉄フライパンは、たわしで水洗いをします。

「洗剤を使ってはいけない」ということはありません。
しかし、油の重合(ポリマー化)が不十分であるフライパンの使い始めに洗剤を使ってしまうと、「うまく育たない」ことにもなりかねません。

基本的には、水洗いだけで十分です。

ちなみに、たわしの素材は棕櫚(シュロ)ではなくパームがおすすめです。
シュロは「柔軟性で洗う(腰で洗う)素材」ですが、パームは「硬さで洗う(点で洗う)素材」ですので、鉄フライパンの使い始めに適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。