【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

鉄フライパンを使い始めるには? 最初の空焼きと油ならし。

鉄フライパンを使い始めるには、少し手間がかかります。

新品のフライパンには、防錆塗装が施されています。
防錆塗装にはいくつかの種類がありますが、一般的な防錆塗装は火にかけて焼き切る(焼却する)することで除去します。

繰り返しになりますが、防錆塗装には種類があります。
多くの鉄フライパンには「焼き切れる(焼却できる)タイプの塗料」が用いられていますが、種類によっては焼き切らずにそのまま使い始めることのできるタイプも存在します。

基本的には、説明書の指示に従うことをおすすめします。

鉄フライパンを使い始める方法

鉄フライパンを使い始めるには、いくつかの工程があります。

まずは、基本的な処理方法を説明します。
なお、防錆塗装を焼き切るためには高温に熱する必要がありますので、Siセンサーのついているガスコンロの場合にはカセットコンロの使用をおすすめします。

では、始めていきます。

手順1
固く絞った布巾で水拭きします

新品の鉄フライパンを、固く絞った布巾で水拭きします。埃などの除去が目的ですので、面倒であればスルーしても構いません。

手順2
防錆塗装を焼き切ります

ガスを強火にして、防錆塗装を焼き切ります(焼却します)。フライパン全体をまんべんなく加熱し、側面や中央部に防錆塗装が残らないように注意してください。また、煙ができますので十分に換気のできる環境で作業します。カセットコンロを使用する場合であっても換気扇の下で行うことをおすすめします。煙が出なくなるまで空焼きしたら完了です。

手順3
酸化被膜を形成させます

さらに焼いて(加熱して)、酸化被膜を形成していきます。酸化被膜の形成に関しては意見が分かれます。酸化被膜(黒錆)を作っておくことで錆びにくくなります(赤錆が生じにくくなります)が、約600℃まで熱する必要がありますので、面倒であればスルーしても構いません。酸化被膜を形成するためには、鉄フライパンの色が「黒→玉虫色→青灰色」へと変化するまで加熱していきます。

手順4
コンロの上で温度を下げます

酸化被膜の形成(もしくは防錆塗装の焼却)が終わりましたら、コンロ(五徳)の上で冷まします。高温に熱した鉄フライパンを水につけてしまうと「変形してしまう(歪んでしまう)」「鉄の組織が変化してしまう」などのリスクがありますので、特に酸化被膜を形成した際には水につけての急冷は避けてください。

手順5
洗った後に再び火にかけます

室温(または通常の使用温度である200℃以下)まで温度が下がってから洗います。洗い方には特に決まった方法はありません。洗剤を使用する人もいますし、使用しない人もいます。また、「防錆塗装が完全に焼き切れているのか?」が不安な場合には金たわしで削るように洗う場合もあります。基本的には、洗剤とスポンジで洗っておけばOKかと思います。洗い終えましたら、再び火にかけて乾燥させておきます。

手順6
油ならし(油返し)をします

熱したフライパンに多めの油を入れ、油をなじませます。油を高温に熱しましたらオイルポットに戻し、さらしなどを利用して内側と外側にまんべんなく油を塗りこんでおきます。なお、油返しの油は(しばらくは)繰り返し使用することになりますので、再利用する予定の油(揚げ物後の油など)とは分けておくことをおすすめします。

手順7
くず野菜を炒めます

少し多めの油で、くず野菜を炒めていきます。くず野菜を炒めることによって(油が重合することによる樹脂層が形成されやすくなりますので)短期間で使いやすい鉄フライパンに育てることが可能となります。スキレットのように「油を塗りこんで加熱する方法」や「油を塗りこんでオーブンで長時間加熱する方法」もありますが、くず野菜を炒めるのが手軽です。

以上が、基本的な使い始めの手順です。

今回の方法が「絶対的に正しい方法」というわけではありません。
鉄フライパンの使い始めの工程は「プロであっても手順が異なる場合がある」ものですので、ひとつの案として参考にしてみてください。

防錆塗装の種類とは?

防錆塗装には、いくつかの種類があります。
たとえば、「透明ラッカー」「透明シリコン焼付塗装」「蜜蝋ワックス」などがあり、除去方法は種類により異なることになります。

  • 透明ラッカー:焼き切る
  • 透明シリコン塗装:そのまま使用する
  • 蜜蝋ワックス:熱湯をかけて除去する

大半の鉄フライパンは、透明ラッカーです。
そのため、今回の記事におきましては「透明ラッカーを焼き切る(焼却する)こと」を前提として説明してきました。

しかし、透明シリコン塗装も少なくありません。
遠藤商事の鉄黒皮厚板フライパンも複数枚所有していますが、透明シリコン塗装が施されているために「そのまま使用するタイプ」のものとなります。

基本的には、説明書の指示に従うことをおすすめします。

酸化被膜を形成するか?

酸化被膜に関しては、意見が分かれます。

酸化被膜とは、一般的に黒錆と呼ばれるものです。
黒錆を形成させておくことによって「(鉄を腐食させる)赤錆が生じにくくなる」というメリットが得られます。

しかし、普通に使っていれば赤錆のリスクは高くありません。
そのため、わざわざ600℃付近(鉄が玉虫色から青灰色に変化する)まで熱する必要性には疑問符がつき、面倒であればスルーしても構わない工程であると言えます。

「必要な作業」というよりは、「自己満足の作業」となります。

くず野菜を炒める理由は?

くず野菜を炒めると、鉄フライパンが使いやすくなります。

鉄フライパンは、樹脂層の形成によって育っていきます。
樹脂層とは油が重合化することにより作られる層(ポリマー層)であり、油の重合をスムーズに進めるためには「油を劣化させる」ことがポイントとなります。

樹脂層の形成には、油を悪くする必要があるのです。

くず野菜は(油にとっての)不純物です。
油は不純物が多いほど早く劣化しますので、くず野菜を炒めるという行程は「鉄フライパンが早く使いやすくなる(育つ)」ことに直結します。

また、鉄フライパンの「鉄臭さを和らげる」というメリットもあります。

鉄フライパンでくず野菜を炒める理由。ポイントは油の重合?

まとめ

鉄フライパンを使い始めるには、多少の手間がかかります。

大切なのは、防錆塗装を焼き切ることです。
鉄フライパンは、製造されてから手元に届くまでの錆を防ぐために防錆塗装が施されていますので、この塗装を除去しなければ使い始めることができません。

多少の面倒くささはありますが、手間をかけることが愛着につながる場合もあります。

キング 鉄 フライパン 20cm

キング 鉄 フライパン 20cm

1,352円(11/18 22:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
キング 鉄 フライパン 26cm

キング 鉄 フライパン 26cm

2,365円(11/18 05:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。