鉄のフライパンを使い始める。錆止め剤の焼き切りと酸化被膜。

鉄フライパンの多くは、そのままでは使えません。
購入直後の鉄フライパンには、保管中の錆を防ぐために錆止め剤(もしくは透明シリコン焼付塗装)によるコーティングが施されています。

まずは、錆止め剤を取り除く必要があるのです。
また、透明シリコン焼付塗装の場合には「そのまま使っても問題はない」のですが、使い続けるうちに「まだらに剥がれてしまいます」ので、取り除くこともあります。

  • 錆止め剤:焼き切る
  • 透明シリコン焼付塗装:そのまま使う(または取り除く)

基本的には、購入時の説明書に従ってください。

次に、酸化被膜を形成していきます。
酸化被膜(黒錆)を形成しておくことによって「錆びにくいフライパン」にすることができますので、余裕があれば実施します。(※透明シリコン焼付塗装を取り除かない場合には不要です)

最後に、くず野菜を炒めたら完成です。
くず野菜を炒めることによってフライパン表面に樹脂層(ポリマー層)ができ、摩擦係数を軽減することができます。

なお、フライパンをリセットした場合にも同様の作業が行われます。

スポンサーリンク

錆止め剤を焼き切る

はじめに錆止め剤を焼き切ります。
新しい鉄のフライパンには、(保管中の錆を防止するために)錆止め剤が塗られていますので、その錆止め剤を焼き切る必要があります。

基本的にはコンロを使用して焼き切ります。
しかし、Siセンサーのついているガスコンロでは焼き切れない場合がありますので、適宜、カセットコンロやガスバーナーなどを使用します。

焼き切る際には煙が出ますので注意してください。

シリコン焼付塗装であればこの作業は不要です。
焼き切ろうとするとボロボロと剥がれ落ちるようになりますので、シリコン焼付塗装を取り除く場合には「焼いた後に金たわしで磨く」ようにして剥離させます。

この点は、好みによるところが大きくなります。

酸化被膜を形成する

次に、酸化被膜を形成します。
これは錆止め剤を焼き切った場合に必要となる工程ですので、透明シリコン焼付塗装のフライパンを(剥離させずに)使用する場合には必要ありません。

また、必ずしも必要な作業ではありません。
プロの料理人であっても「鉄のフライパンは錆止め剤を焼き切ればOK」と考える人も少なくありませんので、興味があれば実施してみてください。

酸化被膜を形成するためには、高温に熱する必要があります。
約600℃(フライパンが玉虫色から青灰色に変化する)まで熱する必要がありますので、事故や火傷などには注意が必要です。

くず野菜を炒めて樹脂層を形成する

くず野菜を炒めることで、樹脂層を形成することができます。

鉄のフライパンは成長します。
これは「使い続けることで使いやすくなってくる」ことを形容した表現であり、鉄の表面に樹脂層が形成されることによる「摩擦係数が低くなる」ことを示しています。

単純に言えば「焦げ付きにくくなる」ということです。

樹脂層の正体は、劣化した油(油の重合物)です。
そのため、くず野菜を炒めることによって(油が劣化しやすくなるために)フライパン表面の樹脂層が形成されやすくなります。(関連記事:鉄のフライパンでくず野菜を炒める理由

難しく考える必要はありません。
くず野菜を炒めなくても(使い続けることによって)熱重合による樹脂層は形成されていくことになりますので、必ずしも必要な作業ではありません。

「やった方が早く使いやすくなるよ」という程度の違いなのです。

まとめ

鉄のフライパンには、手間がかかります。
錆止め剤なのか? 透明シリコン塗装なのか?(シリコン塗装を剥離させるのか?)などによっても違ってくる問題ですので、基本的には説明書の指示に従うことをおすすめします。

鉄のフライパンは、とにかく使い続けることです。
はじめは多くの失敗をしてしまうかもしれませんが、使い続けることで徐々に使いやすくなっていきますので、難しく考えないことをおすすめします。

たとえ失敗したとしても、何度でも蘇らせることができるのも魅力のひとつです。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。