玄米を精米することで減る重さ。分づき米では水加減に注意。

玄米は精米により減る

玄米を精米すると、約10%削られます。
これは1合(約150g)の玄米を白米に精米するとことで約135gまで削られるということですので、当然、水加減は複雑になります。

200ccを精米することで180cc(1合)になります。

分づき米の場合には注意が必要です。
白米に精米する場合よりも水加減が難しくなりますので、一般的には「生米の重さ×2.5=吸水後の米+水」のようにして調節することになります。

以下、詳細の説明です。

スポンサーリンク

玄米を精米することとは?

精米とは、玄米から糠と胚芽を取り除く行程です。
精白米(または白米)とは、玄米から糠と胚芽が取り除かれて「胚乳」のみとなった米のことを指します。

精米の度合いは、精米率(精米歩合)として表記されます。
玄米を0、白米を10割として、何割を精米しているのか? によって、5分づき米、7分づき米のように表現されます。

胚芽米は白米の一歩手前、9分づき米のことです。

まとめて精米することの利点

家庭用精米機には、200ccの計量カップが付属しています。
玄米を白米に精米することで約10%の糠が取り除けますので、「200cc→180cc」となり、精米後の体積(または重さ)が1合となるためです。

分づき米は、まとめて精米した方が楽であるはずです。

分づき米は精米歩合が異なります。
白米は約10%削られますが、5分づきでは約5%削られることになりますので「200cc→190cc」のようになります。

計量カップではバラツキができるため、水加減が複雑になります。

一定量をまとめて精米しておけば、食べる分だけを合数で管理できます。

注意点としては、精米後のお米は冷蔵庫に入れておくことです。
お米は生鮮食品であり、特に糠や胚芽が取り除かれている白米(精白米)は、保存環境によっては急速に鮮度が落ちてしまいます。

まとめて白米を購入している場合には注意が必要です。

まとめ

玄米が白米になる過程で、約10%が削られます。
炊飯の際の水加減が変化することになりますので、(分づき米を)その都度精米している場合には注意が必要です。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。