大根の部位による使い分け。味の異なる部位別で使い切る方法。

大根は、部位によって異なる特徴を持ちます。
たとえば、青くなっている頭の部分は「甘みがありみずみずしい」という特徴を持ち、しっぽに近い部分は「辛みが強く繊維質」という特徴を持ちます。

中央部には「辛みが少なく柔らかい」という特徴があります。

  • 頭の部分:甘みとみずみずしさ
  • 中央部分:適度な辛みと柔らかさ
  • しっぽの部分:辛みと繊維質

大根料理は、部位別に使い分ける必要があるのです。

以下、詳細を説明します。

スポンサーリンク

生食に向く頭部分

大根の頭部分は、生食に向いています。
「甘く、みずみずしい」という特徴を持ちますので、大根おろしやサラダなどのような生食料理に向いているわけです。

これらの料理に先端部分(しっぽの部分)を使ってしまうと、「辛くて食べられない」「筋っぽくて歯触りが悪い」などの問題が生じます。

生食をするのであれば、頭部分です。

煮物に向く中央部分

中央部分は、煮物に向いています。
「辛みが少なく、柔らかい」という特徴を持ちますので、ふろふき大根やおでんなどのような「ほろほろと口の中でほどける料理」に向いているわけです。

また、太さが均一であることも特徴のひとつです。
煮物の多くは大きさがそろっていることで「均一な味のしみこみ」を望めますので、形の面でも煮物などに向いています。

煮物であれば、中央部分です。

炒め物や味噌汁に向くしっぽ部分

しっぽの部分は、炒め物や味噌汁に向いています。
「辛みが強くて繊維質」という特徴を持ちますので、炒め物や味噌汁などのような「強い味と食感が求められるような料理」に向いているわけです。

反対に、これらの料理に青くなっている頭の部分を使用してしまうと、「大根の味が負けて(ぼやけて)しまう」「食感が物足りない」「形が崩れてしまう」などの問題が生じやすくなってしまいます。

炒め物にするのであれば、しっぽ部分です。

まとめ

大根は、用途によって部位を使い分けます。
相性の悪い部位を使ってしまうと「美味しくない料理」になってしまいますので、「料理に合わせて購入する(または大根に合わせて料理する)」ことが大切です。

  • 頭部分:生食など
  • 中央部分:煮物など
  • 先端部分:炒め物など

カットされている大根を購入する際には、注意してください。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。