【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

料理酒は未成年でも買える? 加塩料理酒の注意点。

料理酒には、未成年が買えるものと買えないものがあります。

料理酒とは、基本的には日本酒です。
日本酒ですので当然14%前後のアルコールが含まれており、本来であれば未成年が購入することはできません。

しかし、未成年であっても購入できるものもあります。

これは、酒類であるか食品であるかの違いです。
料理酒には大きく4種類があり、未成年であっても購入できる料理酒は「食品(発酵調味料)」に分類されています。

食品であるからこそ、未成年であっても購入できるのです。

料理酒の分類とは?

日本酒は、大きく4種類に分類されます。
それが「飲用清酒」「合成清酒」「料理用清酒」「加塩料理酒(発酵調味料)」であり、前の3種類が酒類、最後のひとつが食品です。

  • 酒類
    • 飲用清酒
    • 合成清酒
    • 料理用清酒
  • 食品
    • 加塩料理酒(発酵調味料)

いずれにも、14%前後のアルコールが含まれています。

しかし、飲用清酒は料理酒としては好まれません。
これは、飲用清酒には「淡麗辛口」などのように甘味やうま味の少ないお酒も多く、料理酒としては香味が物足りなくなる可能性があるためです。

そのため、料理酒は飲用清酒以外から選ばれるのが一般的です。

MEMO
もちろん、飲用清酒であっても料理を美味しくするものもあります。しかし、あまりにも嗜好性が高くなってしまいますので、一般的な料理酒としては除外して考えられることが多くなります。

なぜ食品に分類されるか?

未成年が購入できる料理酒は、発酵調味料です。

発酵調味料にもアルコールが含まれます。
しかし、発酵調味料に分類される料理酒には、不可飲処置としての食塩添加が施されていますので「アルコールを含んでいても食品として分類」されます。

「飲めなければ酒類じゃないよね?」ということです。

そのため、酒税がかかりません。
酒税がかかりませんので低価格で購入することができますし、販売店にとっては酒類販売免許がなくても販売することができることになります。

この仕組みは、みりんであっても同様です。
みりんには「本みりん」「発酵調味料」「みりん風調味料」がありますが、アルコールを含む発酵調味料は不可飲処置によって未成年であっても購入できます。

ちなみに、みりん風調味料はアルコールを含みません。

参考 第43条 みなし製造国税庁

加塩料理酒の注意点

基本的に、加塩料理酒であっても美味しい料理を作れます。

料理酒の主な目的は、アルコールです。
不可飲処置(食塩添加)されていたとしてもアルコールであることには違いがありませんので、十分に料理酒としての役割を果たせます。

料理酒の効果。アルコールによって味や香りが良くなる?

しかし、食塩が問題になることがあります。

加塩料理酒には、2~3%の食塩が含まれます。
通常の料理では問題になりませんが、(大量の料理酒を使う調理の場合には)料理酒の塩分によって塩辛くなってしまう可能性があります。

通常、美味しいと感じられる塩分量は1%前後です。
そのため、多くの料理は0.8~1%前後の塩分量(ソースをかける場合にはソースの塩分量を差し引いた塩分量)に味付けされています。

このことからも、多量に料理酒を使う料理には使えません。

まとめ

未成年であっても、料理酒を購入できます。
しかし、料理酒にはいくつかの種類があり、未成年が購入できるのは「(不可飲処置された)加塩料理酒」のみとなります。

加塩料理酒には2~3%の食塩が含まれますので、調理法によっては使えない場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。