【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

粉ふりボトル(容器)のすすめ。茶こしよりも便利かも?

粉ふりボトル

粉ふりボトルは、想像以上に便利です。
調理には、小麦粉や片栗粉をふる場面(肉や魚にふる場合や、パン作りの成形など)があり、一般的には茶こしなどが用いられますよね?

正直、はじめは使い難いと感じていました。

当初、均一に粉をふるために購入しました。
しかし、二重網になっている茶こしとは違い、一般的な粉ふりボトルは二重網になっていませんので「不均一で使い物にならない」と感じていました。

粉ふりボトルは便利ですが、使いどころが限られている道具でもあります。

作業がスムーズでストレスフリー?

粉ふりボトルは、粗く粉をふるのに便利です。
二重網にはなっていませんので、茶こしのように均一に粉をふることはできませんが、おおざっぱでもよい場合には重宝しています。

たとえば、パン作りの打ち粉。
パン作りでは分割や成形の前に打ち粉をしますが、袋や保存容器から小麦粉を取り出すよりも、粉ふりボトルを使って打ち粉をする方が良くできます。

また、保管が容易なことも気に入っています。
キャップがついていますので使用後はすぐに片づけることができ、袋から直接取り出して打ち粉をするよりもストレスがありません。

そのまま冷蔵庫に入れておけば、害虫(ダニなど)の心配もありません。

小麦粉と片栗粉の保存方法。虫(ダニなど)に対するリスクの違い。

洗い物の手間が省ける?

茶こしは、洗いにくい道具です。
茶葉を超すために使用したのであればいざ知らず、小麦粉のような粉ものをふるった際には「メッシュの詰まり」が起きてしまうことがあります。

ブラシを使って洗うことに、ストレスを感じていました。

その点、粉ふりボトルであれば問題になりません。
通常の使用であればそのまま片づけることができますし、洗浄する場合にも(二重網ではないために)メッシュに小麦粉が詰まることもありません。

手間を減らすことは、すごく大切です。
片付けの手間を惜しんで「小麦粉をふる」という行程を飛ばしてしまっては料理の仕上がりが変わってしまいますし、ストレスを感じているようでは料理が長続きしません。

粉ふりボトルは、とても便利なアイテムだと感じています。

パン作りの打ち粉パン作りの打ち粉(手粉)には強力粉が選ばれる理由。

冷蔵庫などでの収納性

粉ふりボトルは、収納性に優れています。

私が使用している粉ふりボトルは「直径60mm×高さ75mm」なのですが、常温ではスパイス類ととともに片づけられますし、冷蔵庫であってもドアポケット(サイドポケット)に問題なく収納できるサイズです。

砂糖などであれば常温、小麦粉であれば(夏季は)冷蔵庫といった具合です。

また、見た目も悪くありません。
ステンレス製の粉ふりボトルは見せる収納であっても「それなりに様になっている」と思いますし、使用していての満足感もあります。

慣れるまでには多少の時間がかかりましたが、現状ではかなり気に入っています。

まとめ

粉ふりボトルは、便利なアイテムです。
パン作りの打ち粉(またはバヌトン型に小麦粉をふる)、肉や魚に小麦粉(または片栗粉)をふるなどの際に重宝しています。

100均にも似たような道具があるようですので、気になるようであれば試してみることをおすすめします。

遠藤商事 SA18-8パウダー缶 (アクリル蓋付) 小

遠藤商事 SA18-8パウダー缶 (アクリル蓋付) 小

1,207円(02/19 23:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
小久保 粉ふるい器 小麦粉ふりふりストッカー 3個セット

小久保 粉ふるい器 小麦粉ふりふりストッカー 3個セット

710円(02/19 23:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。