煎茶(緑茶)は何回まで? 嗜好品としてのお茶の楽しみ方。

煎茶は2煎目までが美味しく飲める回数です。
1煎目が一番美味しく、2煎目はそれなりに美味しく、3煎目は一応お茶としては成立している、……のようなイメージとなります。

一般的には2~3煎目までが飲まれます。

お茶は嗜好品です。
嗜好品である以上、美味しさの判断基準は人それぞれで、絶対的な正解はありません。一般的には「2~3煎目まで」であるということです。

以下、詳細を説明してきます。

スポンサーリンク

煎茶のうま味成分

緑茶のうま味は、遊離アミノ酸です。
テアニンと呼ばれる遊離アミノ酸が「緑茶のうま味の正体」であり、テアニンは2煎目までにあらかた抽出が終わってしまいます。

3煎目以降は、うま味の少ないお茶になってしまうというわけです。

3煎目以降に残っているのは、渋味の正体であるカテキンです。

カテキンは、2煎目までに約半量くらいが抽出されます。
しかし、3煎目以降に「カテキンが抽出されるのか?」といえばそんなことはなく、カテキンの多くは茶葉に残ることになります。(関連記事:緑茶の味に関わる成分

入れ方による楽しみ方

煎茶は、80℃前後のお湯で入れられます。
詳しく説明すると「煎茶上では70℃前後」「煎茶並では90℃前後」という違いはあるのもの、一般的には「80℃前後」が煎茶に適した温度だとされます。

「煎茶は2煎目まで」というのは、80℃前後で入れた場合の話です。

上級煎茶では、違った入れ方をする場合があります。
たとえば、1煎目は「50℃前後でうま味を味わう」、2煎目は「80℃前後で渋味を味わう」、3煎目は「90℃以上で苦味を味わう」ような入れ方です。

  • 遊離アミノ酸:うま味
  • カテキン:渋味
  • カフェイン:苦味

湯温80℃というのは、煎茶をバランスよく抽出する温度であり、この場合には「2~3煎目まで」というのが(嗜好品としての)限界だと考えられています。

まとめ

一般的に、煎茶は2~3煎目までが飲まれます。
もちろん嗜好品であるお茶の楽しみ方は人それぞれではありますが、一般的には2煎目までであり、「無理をすれば3煎目もイケル」ようなイメージとなります。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。