【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

鉄フライパンに「竹ささら」をおすすめする理由。油を残すメリット。

鉄フライパンは、たわしやささらで洗います。
これは、鉄フライパンにはコーティングが施されていないために「油が重合化することよる樹脂層」の形成に必要な油分を残しておく必要があるためです。

しかし、焦げ付きなどは落とさなければいけません。
食材のこびり付きを残してしまうと、陽イオンと陰イオンが反応することによる孔食(隙間腐食)が生じてしまう恐れがありますので、最悪、穴が開いてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、竹ささらです。
竹ささらは物理的な洗浄力が非常に強く、たわしでは落としにくかった汚れであっても簡単に落とせますし、適度に油を残せることからも鉄フライパンにも適しています。

以下、詳細の説明をしていきます。

竹ささらの使い方は?

竹ささらの使い方は、簡単です。
基本的にはたわしの代りに竹ささらを使うことになりますので、ささらのしなりを利用しながら「こする」「削る」などのように使うことになります。

手順1
鉄フライパンを水(またはお湯)につけます

使用後の鉄フライパンは水(またはお湯)につけ、流せる汚れは洗い流しておきます。洗うタイミングにつきましては「熱を持っているうちに洗う」「粗熱が取れてから洗う」の2種類がありますが、基本的には調理後すぐに洗うことをおすすめします。

手順2
ささらを使って丁寧に汚れを落とします

基本的な使い方は、たわしと同じです。食材がくっついている場合にはこそげ落とすように洗い、食材のこびり付きがなくなるまで丁寧に洗い落とす頃がポイントです。洗い残しがあると孔食と呼ばれる小さな穴が開いてしまうことがありますので注意してください。

手順3
鉄フライパンは火にかけて乾燥させます

洗い終わりましたら、コンロの上で熱することで水分を飛ばします。鉄フライパンの場合は布巾で拭いただけでは錆が生じてしまうことがありますので、必ず熱して水分を飛ばす必要があります。そのままコンロの上で粗熱が取れるのを待ってから片付けます。

手順4
使用後のささらはしっかりと水をきります

使用した竹ささらは水気をきってから片付けます。濡れたままにしておきますとカビの原因になりますので、水をきった竹ささらは風通りの良い場所に片付けることがポイントになります。

注意点としては、初期の使い難さがあります。

新しい竹ささらには、固さがあります。
あまりにも固く使い難い場合には「10分ほど煮てから水にさらして水分を含ませる」ことでしなやかになり使いやすくなります。

以下のyoutube動画が参考になります。

使用後の竹ささらの保管方法

ささらには、カビの問題があります。
竹ささらは割いた竹をまとめて束にしている道具ですので、通気性が悪く保管方法が悪いと簡単にカビが発生してしまいます。

そのため、理想を言えば吊るしておくのがおすすめです。

しかし、現実的には難しい場合もあります。
吊り下げる場所があったとしても「水が滴るリスク」などを考えると、収納場所に困ってしまうのが竹ささらのデメリットです。

最低限、スポンジラックなどには乗せておくことをおすすめします。

まとめ

竹ささらは、鉄フライパンとの相性の良い道具です。

私自身、以前はパームたわしを使っていました。
しかし、手荒れやたわしに付着する油脂(常温で固まる動物性油脂)が気になるようになり、竹ささらに移行したという経緯があります。

両方を使ってきた感想としては竹ささらの方が使いやすいですし、鉄フライパンの状態も良くなったように感じています。

遠藤商事 業務用 ささら 竹 ASS01

遠藤商事 業務用 ささら 竹 ASS01

300円(09/26 17:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
竹ササラ 18cm

竹ササラ 18cm

621円(09/26 17:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
竹つづり ササラ MK05-ZK309

竹つづり ササラ MK05-ZK309

Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。