鉄のフライパンの使い方。焦げ付きを防ぐための基本的な手順。

鉄フライパンの使い方

鉄のフライパンには、コツがいります。
難しいことではありませんが、フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンのように使ってしまうと、高い確率で焦げ付きに悩まされることになります。

このページでは、基本的な使い方を説明します。

なお、錆止め剤などの焼き切りは済ませてあるものとします。
購入直後の鉄フライパンには「錆止め剤(もしくは透明シリコン焼付塗装)など」が施されていますので、焼き切ってから使用するようにしてください。(関連記事:鉄フライパンの使い始め

スポンサーリンク

【ステップ1】フライパンを熱して油返しをする

鉄のフライパンは、熱してから油を入れます。
ここがフッ素樹脂加工のフライパンとの「第一の違い」であり、熱してから油をひかないと油の馴染みが良くなりません。

また、使い慣れるまでは「油返し」をおすすめします。
油返しとは、熱したフライパンに多めの油を入れて「ある程度の加熱をしてからオイルポットに戻す」などの工程であり、それによって熱ムラがなくなります。(関連記事:鉄フライパンに油返しをする理由

熱ムラ(温度の低い部分)があると、くっつきやすくなりますので注意してください。

鉄のフライパンには、何かと油を使います。
オイルポットがあれば、「くず野菜を炒める」「油返しをする」などに揚げ物油の再利用が可能となりますので、油を無駄にすることがなくなります。

オイルポットをお持ちでなければ、購入しておくことをおすすめします。

【ステップ2】新しい油を入れて調理をする

油返し後は、新しい油を入れて調理します。

フッ素加工との違いは2点です。
それが「蓄熱性」と「比熱」の高さであり、この特徴によって「温度が下がりにくい」「火を弱めても温度が下がりにくい」というメリットが得られます。

食材を入れ過ぎないことがポイントです。
フライパンの容量以上に食材を入れてしまうと、温度が保てなくなるために「くっつきやすくなる」「ベチャベチャになってしまう」などのデメリットが生じやすくなります。

フライパンが大きさで使い分けられるのは、このためです。

【ステップ3】洗剤を使わずに水洗いする

鉄のフライパンには、洗剤を使いません。
洗剤を使わずに「物理的に汚れを落とす」ことがポイントになりますので、亀の子たわしなどを使って汚れを物理的に除去します。

洗い終わりましたら、火にかけて水分を飛ばします。

鉄フライパンは、乾かさなければ錆びてしまいます。
使い終わったら洗って乾かすことがポイントであり、完全に乾かしおけば油を塗らなくても錆びることはありません。

フライパンが冷えましたら、片付けます。

【ステップ3a】保管の際に油を塗るべきか?

鉄のフライパンに「油を塗るか?」は、意見が分かれます。
油を塗ることで「錆びにくくなる」「油馴染みが良くなる」という意見もありますし、反対に「油の酸化臭が出る」「埃がつきやすくなる」という意見もあります。

基本的には、どちらでも構いません。

僕自身、正解を見いだせていません。
はじめて購入した鉄フライパンには油を塗っていましたが、2枚目、3枚目……と増えていくにつれて「塗っても塗らなくても同じ」という気持ちになっています。

事実、油を塗るメリットは体感できていません。

まとめ

鉄のフライパンは、難しくありません。
しかし、フッ素加工(テフロン加工)のフライパンのようにはいきませんので、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。