【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

油の使い回しは可能? 油の劣化理由と揚げ油と炒め油の違い。

食用油は、使いまわせます。
もちろん、「無条件で同じような仕上がり(味)になる」「古くなった油でも問題はない」とは言えませんが、仕組みを理解していると合理的に利用できるようになります。

油が劣化するのには理由があります。
それが、調理に利用されることで起こる「加水分解(油と水が反応すること)」と「酸化(油が酸素と反応すること)」の2点です。

以下、油の使回しに関する要点をまとめていきます。

揚げ物の揚げ油が複数回使える理由

揚げ油は、3から4回ほど使うことができます。
もちろん、「一般家庭での調理量」や「高頻度での揚げ物」などの条件を満たしている必要はありますが、揚げ油を複数回使用しても大きな問題は生じないはずです。

本来、揚げ油は劣化しにくいものです。
揚げ物には「180℃前後」「下処理がされている」「不純物を頻繁にすくい取る」などに気を使われていますので、油の劣化速度はさほど早いものではありません。

これらの理由から、3から4回ほどは使いまわすことができます。(関連記事:油を酸化させないコツ

揚げ油を炒め油として再利用できる理由

揚げ油は、炒め油としての使い回しが可能です。

もちろん、ひどく劣化してしまった油は使えません。
しかし、正しく使っている揚げ油は「1から2回ほど使った程度ではさほど劣化しない」ことになりますので、炒め油として利用しても大きな問題は生じないのです。

炒め物は、油をひどく劣化させます。
これは、(揚げ物よりも)油に対しての水分が格段に多いために「加水分解や酸化を起こしやすい」という特徴を持つためです。(関連記事:銅の卵焼き器を使いやすくする方法

揚げ物の頻度の少ない家庭では、おすすめできる方法です。

まとめ

食用油は、一定条件下での使い回しができます。
使用方法による差異はありますが、「揚げ物であれば3から4回」「1から2回の揚げ物であれば、炒め油として消費できる」といったことが可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。