【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

砂糖が固まる理由。解消法(戻す方法)と乾燥剤のデメリット。

砂糖が固まる理由は、種類により異なります。

砂糖は、固まりやすい調味料です。
しかし、上白糖とグラニュー糖では「固まる仕組み」が異なりますので、当然「解消法(戻す方法)」も異なることになります。

  • 上白糖:乾燥により固まる
  • グラニュー糖:湿気により固まる

使用頻度の高い砂糖は、上白糖であるはずです。
そして、「冬になると(乾燥する季節になると)砂糖が固まりやすい」というのは、経験的に知っている方も少なくありません。

これは、上白糖が乾燥により固まるためです。

上白糖が固まる理由と解消方法

上白糖は、乾燥により固まります。

上白糖は、糖液によってコーティングされている砂糖です。
上白糖が「しっとりしている」のは、糖液(転化糖)の持つ「水分を引きつける作用」のためであり、この作用によって水分量が保たれています。

しかし、乾燥状態が続いてしまうと上白糖は固まります。
いくら糖液に水分を引きつける作用があるとはいっても、乾燥した空気に長時間さらされていれば水分量を失うことは避けられません。

上白糖の保存方法

上白糖は、密閉容器で保存します。
上白糖が固まるのを防ぐためには「乾燥させない」ことがポイントになりますので、乾燥しやすい季節や保管場所の場合には密閉容器で保存する必要があります。

当然、乾燥剤は逆効果になります。

しかし、密閉容器は使いづらいものです。
どんなに理想的な保存方法であっても「使いにくくては意味がありません」ので、固まった上白糖を元に戻す方法を押さえておく必要があります。

固まった上白糖を戻す方法

固まった上白糖は、加湿によって元に戻ります。
その際、直接水分を加えてしまうと「結晶が溶けて固まってしまう」リスクがありますので、水を入れたカップや濡れ布巾などで加湿するのが一般的です。

面倒であれば、霧吹きでも構いません。

オーブンや電子レンジでも固まりを解すことができます。
しかし、オーブンや電子レンジは「糖液の膜を一時的に柔らかくしている」だけですので、冷えると元に戻ってしまいます。

温めても、根本的な解決にはならないということです。

グラニュー糖が固まる理由と解消方法

グラニュー糖は、湿気により固まります。

基本的に、グラニュー糖は固まりません。
これは、グラニュー糖には「糖液によるコーティングがされてない」ためであり、乾燥させても固まることはないためです。

問題は、過剰な湿気です。
基本的にグラニュー糖は固まりませんが、あまりにも湿度が高い場合には「結晶同士が触れ合っている部分が溶けて固まってしまう(くっついてしまう)」可能性があります。

グラニュー糖の保存方法

グラニュー糖も密閉容器にて保存します。
しかし、「過湿状態にしない」ことが目的ですので、「乾燥させない」ことが目的であった上白糖とは狙っている効果は異なります。

また、グラニュー糖の保存はシビアではありません。
よほどの過湿状態にならなければ「保存中に固まることはありません」ので、通常、密閉容器にこだわる必要はありません。

固まったグラニュー糖を戻す方法

基本的に、固まったグラニュー糖は戻せません。
しかし、オーブンや電子レンジで温めてあげることで、溶け固まっていた砂糖の結晶同士が解れやすくなります。

完全に元通りとはいきませんが、通常使用には問題ないはずです。

まとめ

砂糖が固まるのには、二通りの仕組みがあります。
基本的に「上白糖は乾燥により固まる」「グラニュー糖は加湿により固まる」ということを覚えておいてください。

くれぐれも、上白糖に乾燥剤を入れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。