【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

バヌトン型(発酵かご)の手入れ。洗わずに管理するためのポイント。

パンの最終発酵には、発酵かごが用いられることがあります。

たとえば、カンパーニュのバヌトン型。
多くのバヌトン型には籐(ラタン)と呼ばれるヤシ科の植物が用いられていますので、間違った手入れをしてしまうと「変形」や「カビ」の原因になってしまいます。

基本的に、バヌトン型は洗いません。
溝に入り込んだ粉を(ブラシなどを使って)払い落した後に乾燥させて管理することになりますので「洗えない」ことに抵抗があるのであればプラスチック製をおすすめします。

以下、詳細の説明です。

発酵かご(バヌトン型)の手入れ

バヌトン型は、なるべく洗いません。
もちろん、「まったく洗わない」というわけではありませんが、頻繁に水洗いをしてしまうと「変形」や「カビ」の原因になってしまいます。

普段の手入れは、溝に入り込んだ粉をブラシなどで落とす程度にします。

また、直射日光で乾かすのもNGです。
直射日光で過度に乾燥させてしまっても変形の原因になりますので、(時々)陰干しするようにして管理します。

籐(ラタン)は、空気中の水分を出し入れします。
過度な加湿や乾燥を嫌いますので、使い終わったら「(害虫の原因になる)残った粉を丁寧に払い落として(時々)陰干しする」ことがポイントとなります。

関連:小麦粉と片栗粉は保存方法が異なる?

個人的には棕櫚たわしがおすすめ

個人的には、たわしでの手入れをおすすめします。
歯ブラシなどでも構いませんが、たわしを使った方が素早く粉を払い落とすことができますので手入れのストレスが軽減されます。

たわしの素材は、棕櫚が適しています。
一般的なたわしには「棕櫚」と「パーム」がありますが、パームたわしですと「籐(ラタン)を削ってしまうリスク」がありますので、棕櫚のたわしがおすすめです。

  • 棕櫚たわし:腰で洗うたわし
  • パームたわし:点で洗うたわし

もちろん、一般的なブラシでもOKです。
バヌトン型にたわしをおすすめするのは、あくまでも(個人的な)提案にすぎません。

まとめ

バヌトン型には、手入れが必要です。
手入れを怠ってしまうと「害虫(ダニなど)のリスクが高まる」「カビが生じてしまう」「変形してしまう」などの原因にもなりかねません。

正しく手入れをすれば、長く使える調理道具となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。