【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

圧力鍋の内部温度と気圧の関係。ティファールの低圧と高圧は?

圧力鍋は、ティファールのものを使っています。
現在は廃盤になっているようですが、ティファール「アクティクックシンプリー4L」という低圧と高圧の切り替えのできるタイプです。

圧力鍋は、便利です。
秋刀魚やイワシなどは骨まで柔らかくなりますし、豚の角煮などはホロホロになります。

ふと、内部温度は「何℃になるのか?」が気になりました。
圧力鍋には「低圧:85kPa」「高圧:120kPa」と記載されているものの、具体的に何℃になるのかまでは記載されていません。

結論から言えば、以下のようになりました。

  • 低圧(85kPa):約118℃
  • 高圧(120kPa):約123℃

一般的に言われている、「圧力鍋は120℃」というのが正しいことが分かります。

以下、詳細を報告します。

圧力鍋の記載方法

調べてみると、圧力の表記方法には2種類あることが分かりました。
ひとつ目が「実際にかかる圧力を記載している場合」であり、ふたつ目が「大気圧からの圧力の上昇値を記載している場合」です。

ティファールの場合は、後者です。
大気圧(標準気圧)は101.325kPaですので、この場合は「低圧:101.325kPa+85kPa」「高圧:101.325kPa+120kPa」ということになります。

そもそも、圧力鍋が大気圧以下になることはありませんね。

飽和水蒸気圧表を用いて確認する

圧力値を確認したら、飽和水蒸気圧表にて確認します。
とはいっても、一般家庭には飽和水上気圧表の記載のある書籍はありませんので、換算ソフトを公開しているサイトを利用しました。

今回は、株式会社テイエルブイのサイトにある蒸気表を利用しています。

外部サイト:株式会社テイエルブイ「蒸気表

その結果が、低圧約118℃、高圧約123℃です。

  • 低圧(85kPa):117.9868℃
  • 高圧(120kPa):123.4447℃

低圧と高圧の温度差は、約5℃ということになります。

まとめ

温度と圧力の関係性を調べてみました。
知っていること自体に意味はありませんが、「高圧に設定すると約123℃になるのかぁ」と考えるのが楽しかったりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。