【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

鉄フライパンの育て方。効率よく育てるには野菜炒めを作り続ける?

鉄フライパンを育てるには、野菜炒めをおすすめします。

鉄フライパンは、くっつきやすいものです。
これは、鉄フライパンの樹脂層が不十分であることにより起こる問題であり、改善するためには使い続けることで樹脂層を厚くしていくしかありません。

鉄フライパンが育つとは、樹脂層が厚くなることです。

しかし、毎回の料理でくっついていたのでは嫌になってしまいます。
そこで、くっつきにくく効率的に樹脂層を形成することのできる「肉なしの野菜炒め」を作り続けてみることをおすすめします。

見違えたように使いやすい鉄フライパンに成長するはずです。

そもそも鉄フライパンを育てるとは何?

鉄フライパンは、「育てる」と表現されることがあります。
これは、鉄フライパンが「使い続けることで使いやすくなっていく」ことを形容した言葉であり、事実、使い込まれたフライパンは使いやすくなります。

これは、樹脂層が形成されるためです。

鉄フライパンは、使い込むことで樹脂層が形成されます。
形成された樹脂層には「摩擦係数を軽減する働き」がありますので、「くっつきにくくなる」「焦げ付きにくくなる」などのメリットが生まれるわけです。

この樹脂層は、使い込まれるほどに厚くなっていきます。
はじめは薄く貧弱な樹脂層が形成されますが、使い込まれることで徐々に厚くなり、ちょっとやそっとのことでは焦げ付かないフライパンへと成長していきます。

このことこそが、鉄フライパンが「育つ」ということです。

野菜炒めをつくることで育つ仕組みは?

鉄フライパンは、野菜炒めによって育ちやすくなります。

樹脂層の正体は、劣化した油です。
油は、「高温や不純物など」によって劣化し、劣化することで「重合物」と呼ばれるポリマー構造をつくることになります。

鉄フライパンの成長は、重合した油によって樹脂層が厚くなることです。

炒め物は、油を劣化させやすい調理方法です。
これには「高温になる」「不純物が多い」「より多くの空気に触れる」などが関係しており、炒め物をすると激しい劣化が起こることが確認されています。

購入直後の鉄フライパンでくず野菜を炒めるのも、同様の理由からです。

野菜は、くっつきにくい食材です。
育っていない鉄フライパンであっても問題なく調理することができますので、鉄フライパンを育てるには都合の良い料理であると言えます。

また、食材を変えることで「飽きにくい」こともポイントとなります。

鉄フライパンでくず野菜を炒める理由。中華鍋でも基本は同じ。

鉄フライパンの成長にはどのくらいかかる?

1-2回で使いやすくなったことを実感できます。
しかし、1-2回の炒め物くらいでは「十分な樹脂層は形成されません」ので、(可能な限り)野菜炒めを作り続けることをおすすめします。

試しに、1週間ほど「肉なしの野菜炒め」を毎日つくってみてください。

驚くほどに使いやすくなるはずです。
ポイントは、十分に熱したフライパン(油)を使って「野菜の食感を残すこと」であり、1週間ほどであれば飽きることなく作り続けられるはずです。

1週間後、目玉焼きでも焼いてみてください。
正しい調理方法(または手入れ方法)を続けられていたのであれば、目玉焼きが滑るように取り出せるようになります。

まとめ

鉄フライパンを育てるためには、野菜炒めをおすすめします。

野菜炒めは、奥の深い料理です。
野菜炒めであれば「くっつきにくい」「テフロン加工のフライパンよりも美味しく作れる」などのメリットがありますので、鉄フライパンを育てるにはおすすめできる料理です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。