マキネッタ(モカポット)の使い方。モカコーヒーの入れ方。

マキネッタは、面白い抽出器具です。
マキネッタにて入れられたコーヒーは「チョコレートの味わい」と喩えられることも多く、根強い人気のある抽出器具となります。

しかし、使い方には多少のコツがいります。

マキネッタは、使い方によって味ががらりと変わります。
たとえば、粒度の細か過ぎるコーヒー粉を使えば「粉っぽいコーヒー」となりますし、粉の量が少なすぎれば「物足りないコーヒー」となります。

以下、1カップ用を例にして詳細の説明をしていきます。

スポンサーリンク

マキネッタの使い方

マキネッタの使い方は、シンプルです。
基本的には、「水とコーヒー粉をセットして火にかけるだけ」ですので、一度コツをつかんでしまえば「安定して美味しいコーヒーを淹れられる」ことになります。

  1. ボイラー部に水を入れる。
  2. バスケットにコーヒー粉を詰める。
  3. 火にかけて抽出を待つ。
  4. カップに注いで完成。

なお、マキネッタの使い始めには「試運転」が必要です。
実際にコーヒー粉を入れての試運転を数回行うことにより、新品のマキネッタに付着している「アルミの粉」や「工業油」を除去することができます。(関連記事:マキネッタの使い始め

以下、通常の使い方を説明します。

【STEP1】ボイラー部に水を入れる

ボイラー部に水を入れます。
安全弁が隠れない位置まで入れることがポイントであり、1カップ用の場合には「約60ccの水を入れる」ことが推奨されています。

これにより、約30cc(実際には60cc弱)のモカコーヒーが抽出されます。

なお、マキネッタは「大は小を兼ねる」ことはありません。
「1カップ用であれば1カップ(実測値60cc弱)」「2カップ用であれば2カップ」といったように抽出量は一定になります。

購入する際には、「どのように使いたいのか?」を考える必要があります。

【STEP2】バスケットにコーヒー粉を入れる

バスケットにコーヒー粉を入れます。

コーヒーの粒度は、細挽きです。
この点がエスプレッソとは違う点であり、エスプレッソマシンのように極細挽きを使用してしまうと「粉っぽいモカコーヒー」になってしまいます。

1カップ用であれば、約7gの粉を入れます。
7gの粉を入れようとすると「バスケットから盛り上がる」ことになりますので、頻繁に使う場合にはガイドを作成しておくと作業が楽になります。

また、タンピングの必要はありません。
マキネッタは下から(ボイラー部から)の圧力によって抽出されますので、タンピングをしてしまうと抽出ムラができてしまう可能性があります。

粉の盛り上がったまま、マキネッタをセットします。

【STEP3】火にかけて抽出を待つ

セットしたマキネッタを火にかけます。

家庭用コンロでは難しい可能性があります。
特に1カップ用や2カップ用のマキネッタは「五徳に乗らない可能性」がありますので、適宜、プレート(アダプター)などを利用することになります。

もちろん、アウトドア用の小型コンロでも構いません。

【STEP4】完成

数分で抽出が終わります。
抽出が終わったことは「ポコポコ?」という音で判断できますので、無闇にふたを開けて確認する必要はありません。

ふたを開けると、コーヒーが飛び散ります……。

1カップ約30cc(実測値60cc弱)のモカコーヒーが抽出されます。
モカコーヒーは、「砂糖やミルクとの相性の良いコーヒー」ですので、基本的にはブラックで飲むことはありません。(関連記事:マキネッタは美味しくない?

この点は、エスプレッソと同じです。

使用後のマキネッタは、水洗いします。
洗剤を使わずに洗うことによって適度に「コーヒーの香りと油分が残る」ことになりますので、使い続けるほどに美味しいコーヒーを淹れられるようになると考えられています。

マキネッタを「育てる」といった感覚です。

まとめ

マキネッタは、愛着のわきやすいコーヒー器具です。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。