【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

鉄フライパンにつく茶色いシミ汚れ。その正体と対処方法。

鉄フライパンには、茶色いシミ汚れがつきます。

何も心配する必要はありません。
茶色いシミのような汚れは「油が劣化することにより生じる重合物」ですので、その汚れを増やしていくことにより、使いやすいフライパンになります。

鉄フライパンは、使い手によって考え方が変わります。
たとえば、「とにかく使いやすくしたい場合」には重合物を積み重ねていきますし、「きれいに使いたい場合」には除去することもあります。

この辺は、個人の趣向が強くなる問題です。

茶色いシミ汚れを取り除く方法

茶色いシミ汚れは、洗剤をつけたスポンジでも落とせます

シミ汚れの正体は、重合化した油です。
本来は薄くのばされた油によって「徐々に形成されていく」ものなのですが、油の多い部分が加熱されると目立つ形で樹脂層が形成されてしまいます。

汚れですが、汚れではありません。

落とすためには、洗剤でこすり洗いをします。
油の重合物というのは簡単に言えば「頑固な油汚れ」ですので、初期であれば洗剤をつけてこすり洗いをすることで落とすことができます。

しかし、加熱と乾燥を繰り返すことによって「より強固になっていきます」ので、洗剤で落とせない場合には金たわしなどで削り取るしかありません。

茶色いシミ汚れを残す方法

この汚れを残しておくと、鉄フライパンが使いやすくなります。

この汚れは、鉄の保護皮膜になります。
フライパン全体に形成させることによって「サビにくくなる」「くっつきにくくなる」などのメリットが得られますので、残しておくことをおすすめします。

「鉄フライパン ○○年」と検索すると、様々なフライパンをみることができます。

同じ年数であっても「ピカピカな鉄フライパン」もあれば「汚れが積み重なっているように見える鉄フライパン」もあります。

これは、重合物を落としているのか?残しているのか?の違いです。
見た目の点では落としていた方がよさそうに見えるかもしれませんが、使い勝手の点では残している方が良かったりもします。

もちろん、程度の問題はあります。

まとめ

鉄フライパンには、茶色い汚れがつきます。
これは、油が劣化すること(長時間加熱されるなど)によって生じる「重合物」であり、重合物を残しておくと使いやすいフライパンになります。

しかし、除去することもあります。
たしかに残しておけば使いやすくはなるのですが、見た目の点から「我慢できない場合」には、除去してしまうのも一つの手段です。

この点は、趣向の違いが大きくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。