鉄フライパンにつく茶色いシミ汚れ。その正体と対処方法。

鉄のフライパンには、茶色い汚れがつくことがあります。

茶色い汚れには、2つの理由が考えられます。
それが「鉄が錆びたことによる赤錆」と「不飽和脂肪酸が酸化して焼かれたことによる油汚れ」であり、シミ汚れのようになっているのであれば油汚れである可能性が高いと言えます。

これらの汚れは、落とし方が異なります。
赤錆であれば「腐食部分を削り取るように落とさなければいけません」が、初期の油汚れであれば「洗剤を使って落とす」ことができます。(※焼き付きが強固になっている場合には物理的に落とします)

以下、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

鉄のフライパンが錆びてしまう理由

まずは錆によって茶色くなっている場合からです。

鉄は、酸素と化合することで錆びます。
錆には複数の種類が存在しますが、鉄フライパンの場合に問題となるのは「酸素と水のある所に生じやすい赤錆」であるはずです。

フライパンの錆は、速やかに除去しなければいけません。

しかし、錆が生じるのは使い方に問題があるということです。
錆を除去できたとしても同じような使い方をしていたのでは再び錆びさせてしまうのは目に見えてしますので、まずは使い方の基本を学ぶことをおすすめします。

加熱によって生じた茶色いシミ汚れ

鉄のフライパンには、茶色いシミ汚れが付着することがあります。

茶色いシミ汚れの正体は、油汚れです。
油脂は酸化することで液体から個体に変化し、その油脂が熱せされることで茶色いシミ汚れのようにフライパン内部に付着することになります。

この汚れが生じるのは「油脂の洗い残しがあった場合」や「意図的に油を塗って熱した場合」などですので、鉄のフライパンに油を塗ってから保管している方には生じやすい問題であると言えます。

そのまま使い続けても、問題はありません。
しかし、お世辞にも見た目の良いものではありませんし、そのまま使い続けることでより強固にこびり付いていくことになりますので、気になる場合には早目に除去します。

鉄のフライパンの茶色い汚れを除去する方法

茶色い汚れの除去方法は、タイプにより異なります。
赤錆なのであれば洗剤では落ちませんが、初期の油汚れの場合には洗剤をつけたスポンジで軽くこすってあげることで落ちる可能性があります。

赤錆は、鉄の腐食によって生じています。
腐食し他部位には凹凸ができていますので、鉄フライパンのリセット(フライパン表面を物理的に除去して鉄の地肌を出すこと)をします。

しかし、油汚れの場合には少し対応が異なります。
油汚れによる茶色いシミは「腐食を伴うものではありません」ので、初期であれば洗剤で落ちますし、多少強固であっても金たわしで軽くこするだけで落ちる可能性があります。

茶色いシミ汚れに気づきましたら、まずは洗剤とスポンジで洗ってみてください。

まとめ

鉄フライパンの茶色い汚れには、2つの理由が考えられます。
それが「鉄が酸素と反応することで生じる錆」と「酸化して個体になった不飽和脂肪酸による油汚れ」です。

多くの場合、茶色いシミ汚れの正体は後者であるはずです。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。