オーブンを使ったプリンの作り方。基本となる簡単なレシピ。

プリンは、簡単につくれます。
材料は卵と牛乳、砂糖の3点だけので、日常的に料理をする家庭であれば新たな材料を買い足す必要はないはずです。

また、はじめてでも美味しく作れます。
信じられないかもしれませんが、オーブンでつくるプリンには「加熱による失敗が少ない」「卵臭さが緩和される」などのメリットがあります。

はじめてのプリンづくりには、オーブンをおすすめします。

スポンサーリンク

プリンの材料と調理器具

基本的な材料と調理器具を説明します。

まずは食材からです。
プリンづくりには、卵、牛乳、砂糖の3点が用いられます。バニラビーンズに関しては好みとなりますが、はじめは必要ないかと思います。

以下は、100cc前後のプリン型×4での分量です。

  • カラメル
    • 砂糖:大さじ3
    • 水:大さじ1/2×2
  • プリン液
    • 卵:2個
    • 砂糖:大さじ4
    • 牛乳:カップ1(200ml)

牛乳は、225ccくらいまで増やしてもOKです。
多少、固まりにくくはなりますが、牛乳好きであれば「増やした方が美味しい」と感じられるはずです。(関連記事:プリンが固まらない理由

次に、調理道具です。
基本的にはオーブン、プリン型、ボウル、バット、泡だて器、ストレーナー(または茶こし)、鍋などの調理器具を使うことになります。

この辺は、必要に応じて買い足していってください。

オーブンによるプリンの作り方

はじめに、カラメルを作っておきます。
カラメルは砂糖をカラメル化させたもので「160℃以上」に熱する必要がありますので、水を加える際には注意してください。(関連記事:カラメル化の温度

  • カラメルの作り方
    1. 鍋に砂糖と水(大さじ1/2)を入れて、火にかける
    2. 鍋をゆすることで色を均一にし、好みのカラメル色になったら火を止める
    3. 水(大さじ1/2)を加えてざっと混ぜたら型に流し入れる

①鍋に砂糖と水を入れて、火にかけます。

②鍋をゆすりながら、好みのカラメル色にします。

③水(大さじ1/2)を加えて軽く混ぜ、プリン型に流し入れます。

ゴムべらがあると便利です。
カラメルは短時間で固まってしまいます(飴状になってしまいます)ので、素早くプリン型に流し込むことがポイントとなります。

次に、プリン液をつくります。

泡立てないようにすることがポイントです。
泡立ててしまうと気泡やプリン液中の溶存性気体が増えてしまいますので、す(気泡)が入りやすくなってしまいます。(関連記事:プリンに”す”ができる理由

  • プリンの作り方
    1. 卵と砂糖を泡立てないように注意しながら混ぜる
    2. 牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる
    3. ザルでこしてからプリン型に流し入れる
    4. バットにのせてプリン型の1/4程度までお湯を注ぐ
    5. 160℃のオーブンで30分ほど蒸し焼きにする
    6. 網の上で粗熱をとってから冷蔵庫で1時間以上冷やす

①卵と砂糖を泡立てないように注意しながら混ぜます。

②牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。

③ストレーナーなどでこしてからプリン型に流し入れます。

④バットにのせてプリン型の1/4程度までお湯(60℃前後)を注ぎます。

⑤160℃のオーブンで30分ほど蒸し焼きにします。

⑥網の上で粗熱をとってから冷蔵庫で1時間以上冷やします。

バットに注ぐお湯の温度は、アバウトで構いません。
しかし、低すぎると固まるまでに時間がかかりすぎてしまいますし、高すぎると気泡(す)ができてしまいますので60℃を少し超えるくらいがおすすめです。

また、加熱時間はあくまでも目安です。
オーブンには機種によるクセがありますので、「軽く揺らしてみる」「竹串を刺す」などして焼き上がりを確認します。(関連記事:オーブンの予熱時間

まとめ

加筆します。

スポンサーリンク




ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
ランキングサイト「にほんブログ村」は、クリックされたポイント(INポイント )に応じて順位が表示されるサービスです。

よろしければ(1日1クリックの)応援をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タベル

厨房料理人(プロ)ではありません。普通の台所に立つ台所料理人(自炊をしている人)です。調理や調理道具が好きで、多くの書籍を読みつつも試作や実験を繰り返しています。このブログは、料理に関する「コツ」のようなものを体系的にまとめるために運営しています。