【おすすめ】美味しい糠漬け(糠床)のポイント

ステンレスボウルは泡立て器で削れる? ガラスボウルのすすめ。

泡立てには、ガラスボウルをおすすめします。
もちろん、「ステンレスボウルがNG」というわけではありませんが、ステンレスボウルは泡立て器(もしくはハンドミキサー)によって削れてしまうことがあります。

多くは、使い方の問題です。

ステンレスボウルを確認してみてください。
「削れている(多数の傷がある)」「ホイップクリームやメレンゲが(薄い)灰色になったことがある」などの場合には注意が必要です。

使い方が悪い、もしくはステンレスボウルの品質が低すぎる可能性があります。

ステンレスボウルが削れる理由

ステンレスボウルは、少なからず摩耗していきます。
特に、泡立て器を押し当てるように使用している場合には「ボウルが削れてしまう」ことも少なくありませんし、泡立て器の方が摩耗することもあります。

耐摩耗性は(おおむね)硬度と比例します。
一般的なステンレスボウルはSUS304(200HV以下)であり、安価なステンレスボウルにはSUS430(210HV以下)が使われていることもあります。

それと比べ、強化ガラスの硬度は640HVです。

ガラスボウルは、重くて扱いにくいものです。
しかし、頻繁に泡立て器(もしくはハンドミキサー)を使用するのであれば、ガラスボウルを購入するメリットは十分にあります。

多少の初期投資は必要となりますが、長く使えるものですので無駄にはなりません。

すり減ることによる着色問題

多かれ少なかれ、ステンレスボウルは削れます。

基本的には、問題のないレベルです。
しかし、あまりにも安価な調理器具を使って乱暴な使い方をしてしまうと、「ホイップクリームが着色してしまう」ほどに削れてしまうことがあります。

着色原因は、金属(ステンレス)の微粉です。

もう一度、ステンレスボウルを確認してみてください。
特にハンドミキサーを押し付けるようにして使用している場合には、見過ごすことのできないほどの傷ができてしまっている可能性があります。

気持ちの良いものではありませんよね?

ステンレスボウルとガラスボウルの使い分け

ボウルは、使い分けるべきです。
ステンレスとガラスには「それぞれにメリットとデメリットがあります」ので、用途に応じて使い分けるようにすると良いかと思います。

  • ステンレス:軽くて丈夫だが、泡立て器で削れる
  • ガラス:見た目が良いが、重い

ガラスボウルの使用頻度はそれほど高くありません。
料理研究家と呼ばれる人たちが「なぜガラスボウルを多用しているのか?」と言えば、それは「見せる(魅せる)職業」であるためです。

事実、ガラスボウルは「撮影以外ではほとんど使わない」と公言している人もいます。

泡立て卵白(メレンゲ)の仕組み。起泡性と空気変性について。

まとめ

ステンレスボウルは、泡立て器によって削れます。
多くは問題のないレベルですが、ステンレスの微粉を食べるというのは気持ちの良いものではありませんので、泡立ての頻度が高いのであればガラスボウルを準備しておくと良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。