【勉強中】田舎パン(カンパーニュ)

鉄フライパンの収納は吊るす。吊り下げるメリットと注意点。

鉄フライパンには、吊るす収納をおすすめします。

通常、フライパンは収納棚などに片付けられます。
しかし、鉄フライパンには「洗剤を使っていないのでベトついている」「加熱して乾燥させるので熱を持っている」などの問題があります。

吊り下げる収納であれば、それらの問題は解決できます。

また、鉄フライパンを重ねることはおすすめしません。
金属には「異種金属接触腐食」と呼ばれる性質があり、鉄フライパンにステンレス鍋などが接触していると激しい腐食が起こることがあります。

鉄フライパンは、吊り下げる収納が何かと安心なのです。

吊るす収納のメリット

鉄フライパンには、吊るす収納が適しています。

鉄フライパンは、片付けにくいフライパンです。
油分が残っていてベタベタしていますし、乾かすために熱していますのでコンロ(五徳)の上で粗熱が取れるのを待つ必要があります。

鉄フライパンは、熱容量の高いフライパンです。
熱容量の高さは鉄フライパンのメリットともいえる特徴ですが、「冷めにくい」という特徴は片付けの面ではデメリットになります。

吊り下げる収納であれば、完全に冷ます必要がありません。

また、腐食の問題もあります。
金属には「異種金属接触腐食」と呼ばれる性質があり、鉄フライパンに濡れたステンレス鍋などが触れてしまうと激しい腐食が起きてしまします。

鉄フライパンは良く乾かしますが、ステンレス鍋などは拭き取るだけですよね?

使用するフックの注意点

吊り下げるフックは、ホームセンターで購入できます。

しかし、鉄フライパンには重量があります。
20cmフライパンであれば問題ないかもしれませんが、26cmフライパンには1kg前後の重さがありますので、必ず強度のあるフックを使用してください。

プラスチック製はNGです。
一時的には吊り下げることができるかもしれませんが、衝撃や経年劣化によって鉄フライパンを落下させてしまう可能性があります。

落下したタイミングによっては、大事故にもなりかねません。

MEMO
私はプラスチック製フックで鉄フライパンを落下させてしまったことがあります。夜中に落下しましたので、大きな音で飛び起きました。揚げ物中に落下していたらと考えると、ゾッとする出来事でした。

まとめ

鉄フライパンには、吊るす収納が適しています。
吊るすことで「ベトついていても気にならない」「完全に冷まさなくても片づけられる」「異種金属接触腐食のリスクが少ない」などのメリットがあるためです。

ポイントとしては、強度のあるフックを使用することです。
プラスチック製のフックなどを使用してしまうと(一時的には吊り下げることができたとしても)落下のリスクをゼロにすることはできません。

事故を防ぐためにも、(吊るす収納には)強度のあるフックを使用してください。

キング 鉄 フライパン 20cm

キング 鉄 フライパン 20cm

1,352円(11/18 22:15時点)
Amazonの情報を掲載しています
キング 鉄 フライパン 26cm

キング 鉄 フライパン 26cm

2,365円(11/18 05:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。