美味しい糠漬け(糠床)を作る方法

糠漬けは伝統的な日本の漬物です。
一般的な漬物と認知されるようになったのは江戸時代からだとされており、米糠の有効利用法として普及したと考えられています。

米糠に多く含まれるビタミンB1は「糖質のエネルギー産生に関わる補酵素」ですので、江戸時代に流行った脚気を予防するためにも重宝されていたそうです。

糠床の手入れは、経験則によって育まれました。
しかし、科学的に調べていくと「驚くほどに合理的な仕組み」により手入れをされており、調べれば調べるほどに興味がわいてくる漬物でもあります。

本格的な糠漬け、はじめてみませんか?